ここから本文です
団塊夫婦のためのライフデザイン 夫婦生き方再発見
第1回 “団塊・友達夫婦”の行方
2006/06/30

 団塊世代やシニア世代の活動を支援する松本すみ子氏が,間もなく定年を迎える団塊世代の夫婦について,その将来の姿を占い,理想像を語る。夫婦は理解や感情を共有しつつも,それぞれが個として自立することが必要だという。


本当の“友達夫婦”はこれから始まる

 団塊世代は,それまでの夫唱婦随型ではなく,同等の権利意識を持つ“友達結婚”をしたと言われている。確かに,大学の同級生,サークルやクラブ活動の仲間同士,入社同期で結婚したという人が目立つ。知り合いの団塊夫婦を見渡してみると,少々の差だが,妻の方が年上という例も少なくない。恋愛結婚が増えた時代だ。だから,その上の世代よりはずっと,「男は仕事,女は家事」という役割分担意識は薄いはずだった。

 ただし,現実はその意識とは裏腹にある。団塊男性の多くは,日本の高度成長を支える“戦士”として企業の中に取り込まれ,働くことを唯一の生きがいとした。団塊女性の多くは男女平等だったはずの社会に受け入れてもらえず,専業主婦として家庭に収まった。家事も仕事も分担して共に家庭を築き上げる“友達夫婦”という理想は,実現されることがなかったのだ。

 しかし,まだチャンスはある。寿命が延びているおかげで,団塊世代の夫婦は他の世代が経験しなかったような長い時間を二人だけで過ごすことになる。時間はたっぷり残っている。お互いが望めば,これからだって,本当の“友達夫婦”になることができるのだ。

 団塊世代は,たくさんの新しい価値観を生み出してきた。今また,リタイア後の夫婦の新しい形を創っていく可能性がある。この世代の老後を,今までと同じようにイメージするのは間違いかもしれない。

1ページ 2ページへ 3ページへ 4ページへ 次のページへ
この記事のバックナンバーを読む
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る