ここから本文です
都会で森を感じる暮らし 都会で森を感じる暮らし
おかげ様で無事終了致しました。
 40歳を過ぎ50歳,60歳の声を聞くと,私たちを取り巻く環境が変わり始めます。子供の親離れが始まったかと思うと,あっという間に独立。セカンドライフをどのような生活スタイルで送っていこうか,終の住処はどうしようか,と考えていらっしゃる方も多いかと思います。
 日経BP社「セカンドステージ」は,株式会社ホンカ・ジャパンの協力を得て,「都会で森を感じる暮らし」をテーマにしたセミナーを開催します。団塊世代やシニア世代の方々が,都会でどのように暮らしていけば,森という自然を感じながら生活を送れるのか――。もちろん,都会で森の中のような生活はできませんが,“自然の恵み”を享受する食生活,カラダに優しい自然素材の住まいで暮らすなど,自然の良さを重視して健康的に生活していくことは可能です。そうした“森を感じる暮らし”について,実例を挙げながらお話しします。
 講師は,環境と健康にやさしい家づくりや,エコライフなどを提案している,住環境ジャーナリストの中野博氏,パネリストは,ホンカ・ジャパンのマルコ・サーレライネン社長です。
 第二部では,セカンドステージ誌上の記事「本物の木の家」で取り上げているホンカの家のモデルハウス見学を予定しています。
 ご参加は,下記の「応募方法」からメールでお申し込みください。
イベント詳細
開催日時 11月11日(土)

第一部 13時30分 ~ 14時45分
  1.中野博氏によるセミナー
  テーマ:「都会で森を感じる暮らし」

  2.中野博氏,ホンカ・ジャパン社長の対談
  テーマ:「木の魅力,環境に優しい健康な住空間」
      ~フィンランドに学ぶ健康な住まい・暮らし~

  モデレーター:中野博氏
  パネリスト:マルコ・サーレライネン(ホンカ・ジャパン社長)

(この後,バスにて移動)

第二部 15時30分 ~ 16時30分
東京・世田谷にあるホンカのモデルハウスを見学
(第二部を希望されない方は,第一部だけの出席でも構いません)
会場 日経BP社 4階会議室 (東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー)
地図はこちら
最寄り駅:東京メトロ南北線,都営地下鉄三田線 白金高輪駅
(駅と直接つながっています)
主催者 日経BP社セカンドステージ
協力 ホンカ・ジャパン
受講料 無料
募集人員 最大50名(先着順)
当日は,メールにてご返送する受講票をお持ちください。
<講師プロフィール>
  ・中野博
  株式会社エコライフ研究所 代表取締役。
  1964年生まれ。早稲田大学卒業。
  住環境ジャーナリスト。エコライフアドバイザー。
  愛知県生まれ。


  ■主な著書
  「こんなエコ商品が欲しい!-快適・健康グッズ-の常識・非常識」
  「エコハウスに住みたい-環境と未来の子供たちのために」
  「空気のきれいな家をつくる」 
  「シックハウスよ,さようなら~室内空気汚染から家族を守るには~」
  「あなたの周りの空気が危ない!」
  「天然素材で作る健康住宅~リフォームで脱シックハウス!」
  「環境のことを考えた私たちの家造り~ECOHOUSE(エコハウス - 環境建築)宣言」
  「ITで住みごこちをデザインするエコ住宅の本」
  「~これで差がつく~ 人前で話す技術・聞かせるコツ」

  ・マルコ・サーレライネン(Marko Saarelainen)

  株式会社ホンカ・ジャパン 代表取締役社長
  1967年生まれ  出生地 フィンランド リエクサ市
  ホンカラケンネ社創設者3代目 
  フィンランド国際貿易学校運営学科卒業

  1986年 留学生として初来日
  1996年 代表取締役社長に就任。現在に至る。
  1998年 長野冬季オリンピックフィンランドチーム
  アタッシュ(担当管)として活動。
  趣味 アイスホッケー、スキー
ページの最上部へ
「セカンドステージ マガジン」 配信開始
セカンドステージでは,HTMLメール「セカンドステージ マガジン」の配信を始めました。毎週1回水曜日に配信いたします。
サイト上の更新情報やイベント,セミナーの情報をお送りするとともにメールならではの特典,イベントの提供をいたしていく予定です。
メール配信をご希望の方はこちらのページからで配信登録をお願いします。

→バックナンバーはこちら

セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
セカンドステージ連載一覧


日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る