ここから本文です
1.「チョコレートは健康にいいか、悪いか?」
2.「腹筋運動をせずに腹筋を鍛える<その2>」
3.「世の中のあらゆる「臭い問題」を解消!」
4.「省エネ超長寿命でしかも安いLED電球」
5.「ポルシェ356BカレラGTS」
定年に備える
マネープランを考える
夫婦を見つめ直す
住まいのヒント
健康に暮らす
ゴルフを極める
食を楽しむ
旅をする・教養を身につける
モノにこだわる
サイトマップ


定年に備える
自分の結婚生活を振り返って「うちはうまくいっている」と思っている人。それは正しいだろうか。マリッジ・カウンセラーの吉池安恵さんは、寿命が延び、定年後の生活が長くなっている今こそ、夫婦の関係を見つめなおすべきだと話す。
(2009/07/08 更新)
 
信金の金融マンとして多くの地域プロジェクトに関わった豊富な経験と幅広い人脈。それを活かし、町の観光資源の掘り起こしに挑む。昨年発足したNPO法人「桐生再生」の理事長・清水宏康さんのセカンドステージはフル回転だ。
(2009/07/27 更新)
会社に残るよりも自分らしく働けると考えて早期退職を選んだ山下雅史さん。タイ・バンコクでの駐在経験を生かして、ロングステイのコンサルタント会社を起業した。その道のりを追ってみたい。
(2009/07/13 更新)
アラウンド定年座談会の2回目。今回は仕事人生を振り返り、家族、特に、定年後の妻とのコミュニケーションに多くの時間を割いた。定年後の妻の存在感はいやがうえにも増すようで、妻への心配りを重視するいじらしい夫の姿も浮かぶ。
(2009/07/28 更新)
日野原先生から時間をいただき、これから定年を迎えるセカンドステージ世代の「生き方のヒント」を聞いた。先週<前回記事へのリンク>に続き、今回は後編をお届けする。
(2007/09/18 更新)
 
このカテゴリーの他の記事を見る

マネープランを考える
知らず知らずのうちに、ムダを重ねているものの一つに生命保険があります。前回の生命保険(死亡保障)の見直しに引き続き、今回は医療保障の見直し例をご紹介します。
(2009/07/21 更新)
資産運用の最終目的はお金に関する不安から解放され、経済的に誰にも依存することなく自立した状態をフィナンシャル・インディペンデンスを獲得することです。
(2009/07/29 更新)
年金調査の特集も3回目。今回はアンケート調査の残りと読者の自由回答をご紹介した後で、全体を通しての簡単な分析とアドバイスを資産運用のコラムでおなじみの山田英次さんにしていただこう。
(2007/06/27 更新)
このカテゴリーの他の記事を見る

夫婦を見つめなおす
本作はイタリアのアカデミー賞といわれるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を作品賞、監督賞など10部門で受賞。「人生には、いくつになっても新しい展開がある」と思わせてくれる、成熟したイタリア映画ならではの魅力が味わえます。
(2009/07/09 更新)
“たま”には夫婦で劇場へ行ってみてはどうだろうか。この数年、観劇人口は着実に増えているが、夫婦同伴の観客はまだごく少数だ。『ミス・サイゴン』は物語にベトナム戦争を織り込んだ名作。公演期間も長いのでぜひお薦めした作品だ。
(2008/07/11 更新)
もし、自分が離婚問題の当事者になったってしまったとしたら、その問題にどう向き合っていけばいいのか。それ以前に問題が発生しないためにはどうすればいいのか。前回に引き続き、『男と女の離婚格差』の著者、石坂晴海氏に語ってもらおう。
(2008/07/09 更新)
このカテゴリーの他の記事を見る

住まいのヒント
第2の人生を考えるようになると、住まいに新たな思いを巡らせる人は多い。青木秀壽さんはセカンドステージについて計画を立てるうちに、別荘が欲しいと考えるようになったという。
(2008/08/06 更新)
土地や建物は、一般の人々にとって大きな買い物だ。費用の負担は最小限で建物の外観を新築同様にリフレッシュしてくれるのが、金属サイディングという新しい技術を応用したリフォームである。
(2008/02/12 更新)
神奈川県の基幹病院で整形外科部長を務めるなど多忙な日々を送っていた太田清利さんだったが、4年前に東伊豆の小さな温泉町で開業。そこで、これまでと違った静かな生活の実現と、大病院の勤務医では実現できなかった医療に取り組みたいと考えている。
(2008/12/10 更新)
このカテゴリーの他の記事を見る

健康に暮らす
スポーツバイクの機動力は高いが、自宅を起点にして、目的地まで走って帰ってこられる範囲は限られる。そこで、クルマでバイクを運ぶ車載という方法もある。バイク+クルマの6 ホイールで、バイクライフがより充実したものになる。
(2009/06/05 更新)
健康の3要素は「栄養」「運動」「休養」。今年4月から始まったメタボ健診を契機に、日々の『食と生活と健康』を見直すビジネスパースンも目立つようになってきた。
(2008/12/02 更新)
会社人間だった人が定年を迎えるとその生活は一変します。生活の変化は健康にも影響を与えずにはいません。平均余命で考えると定年後の生活は20年以上に及びます。どんな点に注意すればいいのでしょうか。
(2009/07/29 更新)
ダイエットをする時に、野菜を多く食べる事が健康的な身体づくりだと勘違いされている方はいらっしゃいませんか? 上手にダイエット、体型維持するためにも、健康づくりの為にも、肉や魚を適度に摂取する事は大切なのです。
(2009/07/28 更新)
歴史家の安藤 優一郎さんに町歩きをしながら、歴史の名残を楽しむためのコースやポイントを紹介していただくシリーズ。今回は本郷周辺を歩きます。
(2009/07/24 更新)
糖尿病のある人生を全うするためには自分自身がドライバーズ・シートに座っていることを自覚しなければなりません。大変といえば本当に大変なことですが、運を天に任せるような病気ではないことはせめてもの救いです。
(2009/07/27 更新)
活脳塾の連載も最終回となりました。いろいろな活脳のための提案をしてきましたが、結論はやはり、新しい体験をし続けることではないでしょうか。
(2009/07/23 更新)
医療機関を受診しづらく放置して悪化させる人が少なくない痔核。漢方では痔核を血のうっ滞である瘀血(おけつ)と胃腸機能の低下として捉え薬方を選んでいく。
(2009/07/30 更新)
現在の日本の三大死因は心疾患、脳血管疾患、がんですが、その次の4番目が肺炎なのです。肺炎の対策として有効なのがワクチンです。65歳以上の高齢者や心臓病、糖尿病など持病のある方は接種しておくのが有効です。
(2007/12/26 更新)
このカテゴリーの他の記事を見る

ゴルフを極める
前回までの正しいインパクト、フォローまでくれば、後は何もしなくても正しいフィニッシュになるはずですよね。でも、正しいフィニッシュで立っている人はほとんど見かけないんですよ。
(2007/07/27 更新)
海外でのラウンドは「セルフプレー」が基本。お世話をしてくれるキャディさんがいないぶん、段取りよくスムーズにプレーして、ゴルフを満喫しよう!
(2009/07/24 更新)
桑田真澄,泉さんの兄弟対談もいよいよ最終回。お互いに野球とゴルフを通じて得てきた哲学にも似た論理を披露,たどり着いたのは“シンプル”という考え方でした。
(2007/03/22 更新)
このカテゴリーの他の記事を見る
食を楽しむ
健康の3要素は「栄養」「運動」「休養」。今年4月から始まったメタボ健診を契機に、日々の『食と生活と健康』を見直すビジネスパースンも目立つようになってきた。
(2008/12/02 更新)
ある時フレンチ好きの友人に「美味しいフォアグラを食べに行こうよ」と誘われた。彼は「ここのフォアグラを食べると、もはや他のレストランのは食べられないよ」とまで言った。そのレストランが「カーエム」であった。
(2009/07/17 更新)
いまや静岡の名物料理といえば、「富士宮焼きそば」である。2006年から始まった“ご当地 B級グルメグルメNo.1”を決める大会「B-1グランプリ」にて、2年連続優勝したことでも知られている。
(2009/07/20 更新)
このカテゴリーの他の記事を見る
旅をする・教養を身につける
全国鉄路の旅も今回を持って最終回。そこで私がこれまでに駆け巡った全国の鉄道路線、列車など20ヵ所を厳選して紹介しよう。他のお勧めの路線は本欄のパッナンバーを参照されたい。
(2009/07/31 更新)
帰国する船がなくなったロシア使節団一行のため、幕府の交渉役、川路聖謨は3000両を用立て、代わりの帆船の建造にあたった。プチャーチン一行は無事ロシアに帰国、戸田の船大工からはその後、「造船ニッポン」の立役者たちが輩出した。
(2009/04/17 更新)
オーストラリア、ケアンズには「何でもできる贅沢」がある。アウトドアでゴルフや熱気球を楽しむも良し、ナイトライフにはカジノもある。滞在期間を十分にとって、あこがれのロングステイを体感しつつ「暮らす楽しみ」にひたってみるのもいいだろう。
(2008/05/07 更新)
ミステリードラマなどを見ていると、刑事たちが「ホトケさんは」と言っているのは「殺された被害者」のことですね。でも仏教で「ほとけさま」と言ったらお釈迦様や仏像のことを指します。この両者はどう関係するのでしょうか?
(2009/07/31 更新)
春本番。運動不足解消や気晴らしにと、街を自転車で颯爽と駆け抜ける姿が目立つようになる。本格的に自転車を乗りこなそうと思うならば、自身に合ったマシンを選ぶ必要がある。自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに2008年の最新トレンドをレポートしてもらう。
(2008/03/26 更新)
マラガの街を中心とする地中海に面した海岸線。ここはコスタ・デル・ソルと呼ばれ、全長300キロに及ぶ美しいビーチが延々と続く。最近では、日本でもロングステイの人気デスティネーションとして注目され始めている。そんなコスタ・デル・ソルで“暮らす”魅力に迫った。
(2008/02/01 更新)
この忙しい世の中、息抜きの少ない時代になりました。遊ぶ場所はたくさんあるけれど、それが果たして息抜きの場所なのかどうかは疑問符がつきます。平日の息抜きこそ、本当の息抜き。それが出来る場所の一つが平日の、普段の寄席なのです。
(2009/07/24 更新)
今回ご紹介する『くにろく東京食べある記』は、数多くの飲食店のレビューを美しい写真とともにアップしているブログだ。
(2009/07/23 更新)
ハービー・ハンコックが1976年の「クール・ジャズ・フェスティヴァル」で1回だけのコンサートのために結成したクインテットは、1977年と79年にも再結成され、ワールド・ツアーを敢行した。
(2009/03/20 更新)
あまるべ(餘部)、とつぶやくとき、日本海の鈍色の空と、風に千切れる波頭が脳裏を支配する。地名の語感からくる興味は言うまでもないが、その土地を象徴する鉄橋(高架橋)もまた、旅心を誘った。
(2009/07/29 更新)
本作は巨匠マーティン・スコセッシ監督がメガホンを取った、ストーンズのコンサートムービーである。単なるコンサートビデオではない、いかにもスコセッシならではの映画的な視点が活かされた作品だ。
(2009/07/16 更新)
 
このカテゴリーの他の記事を見る
モノにこだわる
セーレンが発売している「瞬感消臭」は繊維の隙間に多孔質セラミックスと金属イオンを閉じこめ、どんな強い臭いでも吸着・分解してしまうという製品。この7月に新しい製品が追加発売された。
(2009/07/15 更新)
今回は「夏のボーナスで購入したいデジタル一眼レフ」と題して、クラス別におすすめのデジタル一眼レフを紹介しよう。“この夏こそはデジタル一眼レフを購入するぞ”と考えている人にとって、少しでも参考になれば幸いである。
(2009/07/10 更新)
シャープが家庭用に初めて発売するLED電球に注目が集まっている。LEDならではの省エネ・超寿命に加え、かなりのお手頃価格なのだ。
(2009/07/23 更新)
今回が最終回ということで、とっておきにしていた一台を取り上げる。歴史ある「ル・マン24時間レース」に出場させるために特別に作られた「フェラーリ250LM」。その背景には、フォードがフェラーリを買収しようと画策した「大事件」があった。
(2009/07/30 更新)
シャルマンがめざす高級ブランドのデザインはどのようなものなのだろうか。企画統括部、デザイナーの奥田勇治氏、森田美香氏、プロダクトマネージャーの橋詰嘉樹氏の3人に話を聞いた。
(2007/10/17 更新)
前回に引き続き、夏のボーナスに向けて、オーディオ製品のトレンドとその具体的な商品を紹介する。今週は薄型テレビの普及で元気な「フロントサラウンドシステム」と音楽配信で楽しむ時代にふさわしいPC経由のニュースタイルについてである。
(2008/06/20 更新)
このカテゴリーの他の記事を見る
セカンドステージ メールマガジン
サイトマップを見る
休日お出かけ情報
今週のお勧め
特別展「伊勢神宮と神々の美術」/特別展「染付―藍が彩るアジアの器」 今週のお勧め
イベント&コンサート
  • ケンサEXPO '09
  • 地域の魅力セレクション2009
  • ミュージアム&ギャラリー
  • トリノ・エジプト展-イタリアが愛した美の遺産-
  • 中国の陶俑―漢の加彩と唐三彩―
  • 映画
  • 山形スクリーム
  • ボルト
  • ライフ&季節の祭り
  • 江の島ゆかた祭り2009
  • 第18回東林間サマーわぁ!ニバル
  • セカンドステージ連載一覧
    

    日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

    ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

    本文へ戻る