このページの本文へ
ここから本文です

ロンドン五輪で野球とソフトボールが除外!

2005年7月14日

2005年7月6日、国際オリンピック委員会(IOC)はシンガポールで第117回総会を開催し、2012年に開かれる第30回夏季五輪の開催地としてロンドンを選出した。

ロンドン開催。時差を考えても、利便性を考えても、日本のスポーツファンの目から見れば、決して悪くはない判断だった。だが、この決定により、運命の歯車が大きく動き出し、二日後の7月8日、衝撃的なニュースが飛び込んでくる。

「野球、ソフトボール共に2012年ロンドン五輪の種目から除外」

理由として挙げられた点は4つ。

  • 国際的普及度の低さ(特にソフトボール。野球に関しては参加国220の内、110しか野球機構を持たない)
  • 球場建設にお金がかかる割には、観客が少ない(ギリシャではチケットの半数以上が売れ残った)
  • ベストの選手(大リーグなどのプロ選手)の参加が期待できない
  • ドーピングの問題の未対応 (実際は今年、MLBは「ワールド・ベースボール・クラシック(野球W杯)」開催、そして出場の前提条件として「ドーピングの全面禁止」を決定しているが、他のスポーツに比べドーピング率が高いのは事実)

確かに、大リーグの五輪不参加は今までも問題視されてきた。日本に関しても必ずしもベストのメンバーで挑んできたとは言えない。だが、ここに挙げられている理由のほとんどが「建前」と言ってもいい。

では、野球とソフトボール除外の本当の理由はどこにあるのか。

それは2001年にIOCの会長に選任されたジャック・ロゲ氏の掲げる「肥大化した五輪のスリム化」にある。

next: ジャック・ロゲ氏の掲げる…

ここから下は、過去記事一覧などです。画面先頭に戻る バックナンバー一覧へ戻る ホームページへ戻る

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る