このページの本文へ
ここから本文です

七蔵(新橋) 大行列の店がリニューアル

2005年4月18日

ある意味ニュースなのである。

いや、新橋銀座界隈で昼メシを食べるサラリーマンに限って、の、ニュースなのである。

JR新橋駅の汐留側、新橋駅前ビルにあるこの「七蔵」は、稲庭うどんと小丼セットのランチで周辺ではつとに知られた存在。稲庭うどんをつけ麺方式で食べるのだが、つけ汁が実にうまい。旬の食材をつかって季節ごとに味を変えていくのだが、春先のふきのとう汁の瑞々しさが忘れられない。

ボクなんか春先になると「七蔵行こう、七蔵行こう」と騒いでまわりに嫌がられるほどである。だってふきのとうの香りがぶわっと鼻に駆け上るのだ。それが稲庭うどんのコシ・粘りと一体化して、こんなに春を感じる昼メシは他にないと断言したくなるほどなのだ。うまいぞー。特製ミニ丼(まぐろ丼 orいくら丼)をつけてもらって、小セットで1000円(中1200円。大1400円)。普通の人なら小で充分腹一杯。

その「七蔵」がこの前の4月4日に同じ新橋駅前ビルの二階に引っ越して、めちゃくちゃ広くなったのだ。

え?

これがなぜニュースかって?

ええとですね、この店、行列が出来る店として有名だったわけですよ。何しろ12時なんかに言ったら30人くらい並んでいる。カウンター8席程度で、この店で並ばずに座るには午前11時15分には店の前にいないといけない、もしくは14時30分くらい、と言われていたのである。おいしいけど、その行列を考えるとめったに行く気にならない、そんな店だったわけ。

それが広くなった。つまり行列を気にせず通えるようになったわけである(まだいまのところは、ね)。

next: 前の店が日本列島なら…

ここから下は、過去記事一覧などです。画面先頭に戻る バックナンバー一覧へ戻る ホームページへ戻る

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る