このページの本文へ
ここから本文です

豊崎由美のコメント

あー、はいはい、いつもどおり酔っぱらっておりますよ。夜は酔っぱらうんですよ、はい。でもね、ものすごく魅惑的な誘いを断って、帰宅してですね、この不毛な感想を書いているわけですよ。褒められこそすれ、怒られるいわれがどこにございましょうか。

で、オレはね、そりゃ中原さんが獲れるとは思ってませんでしたよ。でも選考委員のだれも何の印もつけなかった、つまり0点だったということを知ったときにですね、どういうことかと酔っぱらい怒ったわけですよ。中原さんの全作品を惑星直列として考えるならば、そうですね、そりゃ最善の作品じゃないでしょう。でも、今回の候補作を銀河系横並びにしたとき、どうなんですの?

何の印もつかないような作品ですの?

ですの? ですのののっ? 何読んでんっスかっ、選考委員はぁ。

文藝春秋は直木賞作家(妻)×芥川賞作家(夫)のコラボ作品を書いてもらったらいいじゃないのおぉ? …あ、てか、書かせたくて、たかみーに授賞したんでねーのおぉ?

で、直木賞の結果を聞いて、さらにあごカックーンですよ。芥川賞も直木賞も文藝春秋一色! 猿芝居? 猿芝居? 猿芝居? いくらなんでも三浦しをんのあの作品はないでしょう? …あ、そっか。このBLっぽい作品に授賞することで、今後、直木賞はその手の軽い小説もガンガン候補にしていくよ、授賞も辞さないよ、そういう決意表明ですの? ですの? ですのののっ? 別にいいけどさ。

幻滅、というよりは壊滅。

■大森 望(おおもり のぞみ)氏のプロフィール

 1961年生まれ。翻訳家。

 「本の雑誌」「週刊新潮」「小説すばる」などの書評欄を担当。「このミステリーがすごい!」大賞選考委員のほか、各種小説賞の選考にも多くかかわる。個人サイト「大森望SFページ」の日記にも文学賞ネタがたくさん!

 著書多数。『ライトノベル☆めった斬り!』(太田出版/三村美衣と共著)、『読むのが怖い!』(ロッキング・オン/北上次郎との共著)、『現代SF1500冊 乱闘編 1975-1995』 『現代SF1500冊 回天編 1996-2005』(太田出版)、『特盛! SF翻訳講座』(研究社 3月12日発売予定)など。

 訳書、編訳書に、コニー・ウィリス『犬は勘定に入れません』(早川書房)、シオドア・スタージョン『輝く断片』『不思議のひと触れ』(河出書房新社《奇想コレクション》)など。

■豊崎 由美(とよざき ゆみ)氏のプロフィール

 1961年生まれ。ライター。

 「GINZA」「本の雑誌」「TV Bros.」「文藝」などで書評を多数連載。岡野宏文との共著『百年の誤読』(ぴあ)の海外小説版を「ダ・ヴィンチ」で連載中。最近刊は、過激な袋綴じ付録でも話題の『そんなに読んで、どうするの?』(アスペクト)。他の著書に『それ行けトヨザキ!!』(文藝春秋)など。

 池袋コミュニティ・カレッジにて書評講座「書評の愉悦 ブックレビュー読み書き講座」を開講中。

『文学賞メッタ斬り!』(大森望 豊崎由美/PARCO出版)

 笑って読める痛快文学賞ガイド。読書サイトエキサイトブックスのコンテンツ「文学賞メッタ斬り!」(2003.6/12)をベースに単行本化した。

 小説を心から愛し、膨大な量の本を、多岐のジャンルにわたって読んでいる大森望氏と豊崎由美氏が、日本の主な文学賞について徹底討論。各賞の成立事情や選考過程はもちろん、選考の内幕や賞をめぐる文壇ゴシップやトラブル・けんか・騒動にも斬り込む。歴史や賞金額だけでは判断できない賞の「格」や「権威」についても、歴代受賞作を基にスバリ判定する。

 「選評」をさかなに選考委員を品評する「選考委員と選評を斬る!」や、2003年から2004年の主な文学賞受賞作を100点満点で採点した「巻末特別付録 文学賞の値うち」など、ここまでやっていいの?と思える常識やぶりの企画を満載。文学賞を切り口にしたブックガイドとしても重宝。ただいま第2弾を準備中。

アライ ユキコ

1963年生まれ。フリー編集者。『文学賞メッタ斬り!』シリーズの企画編集を担当、他に『日本文学ふいんき語り』(麻野一哉 飯田和敏 米光一成/双葉社)など。日本文学ふいんき語りブログ更新中。

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

ここから下は、過去記事一覧などです。画面先頭に戻る バックナンバー一覧へ戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る