このページの本文へ
ここから本文です
森 絵都『風に舞いあがるビニールシート』

豊崎 最後が森絵都の短編集。

大森 これは大本命ですよ。

豊崎 分かります、うまいですもん。

大森 直木賞対策もばっちり。

いちど「いつかパラソルの下で」で候補になって落選(133回)、軽いだけじゃ直木賞は取れないという反省を踏まえて、これを書いた。村山由佳が従軍慰安婦問題を絡めた「星々の舟」で受賞した例とかを参考にしたんですかね。しっかり社会問題を扱った短編を書いて…

豊崎 難民キャンプとかね。

大森 そう、それを短編集の表題作にした。僕はこの表題作が大嫌いなんですけどね(笑)。国連難民高等弁務官事務所に務める専門職のかっこいい男と事務職の女の社会派ラブストーリー。難民を救うために働くことを、風に舞うビニールシートをいっしょうけんめい押さえることに喩える(たとえる)あたりもベタベタです。でもまあ、それも致し方ない、直木賞を取るための戦略ですから。そういうものとしてはよくできてるし。

豊崎 わたしは「守護神」が好きだったなあ。大学生のレポート代筆の話。

大森 僕がすごいなと思ったのは「鐘の音」。

豊崎 わたしは、純文学をまねして書いてみたら逆に通俗的になっちゃいましたって感じがして、あまり好感を持てなかったんですけど。

next: だってこれ、本格ミステリじゃん…

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

ここから下は、過去記事一覧などです。画面先頭に戻る バックナンバー一覧へ戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る