このページの本文へ
ここから本文です

iPhotoとApertureに見るデジタルフォトへのアプローチ

2006年1月13日

(荻窪圭=ライター/フォトグラファー)

1999年にコンシューマ向け映像編集ソフトのiMovie、その後プロ向けの映像編集ソフトFinal Cut Proをリリースしながらも、デジタルフォトに対してはいまひとつアップルの動きは鈍かった。

コンシューマ向けデジタルフォトアプリケーションのiPhotoが登場したのが2002年、プロ向けのApertureにいたっては2005年10月の登場だ。Apertureについては日本語版が未発売(発売時期や価格も含めて未定)だが、AppleStoreでは英語版を購入することができる。

だがiPhotoはその後4年で大きな進化を遂げ、ApertureについてもMacworldの展示会場では専用カウンターを設けて大々的にデモを行うなど、かなり力を入れ始めたようだ。

Macworldのアップルブースでは、Apertureコーナーも用意され、デュアルディスプレイ環境で操作するデモが行われていた。(写真:三井公一=サスラウ)

iPhoto 6のめざましいアップデート

iPhotoは写真の取り込みから閲覧・編集、そして出力までをすべてまかなおうというソフト。

画像取り込み時にサムネイルなどの情報をまとめたライブラリファイルを作るため読み込みがやや遅く、取り込んだ全画像を一度にあつかう(だから2万枚の写真があったら2万枚分のサムネイルを一気にスクロールしながら閲覧できる)という大胆な設計から、枚数が増えると速度が落ちるという欠点があった。iPhoto 6では、まずそこに手を付けた。

iLife '06の英語版を入手できたので使ってみた。英語版だが中身はインターナショナルバージョンであり、日本語環境でも問題なく日本語で動作する。iPhoto 6のフルスクリーンエディットは、画面いっぱいを使って編集できるので気持ちいい。ただ修正の機能は、後述するプロ向けのApertureに比べるとかなり弱い。

next: 25万枚の写真を扱え、オンラインプリントサービスも強化

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

ここから下は、過去記事一覧などです。画面先頭に戻る バックナンバー一覧へ戻る ホームページへ戻る

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る