このページの本文へ
ここから本文です

クルマにも来た!「iPodショック」(その2)

2005年4月20日

4月13日、iPodパワーのスゴさを物語る数字が発表された。

アップルコンピュータによるとiPodは、同社第2四半期の出荷台数で対前期比558%となり、純利益530%の成長という“大躍進”に大きく貢献したという。

街中や電車の中で、“iPodの白いイヤホン”を見かけることも増えた。北米エコーブーマー(ジェネレーションY)の間から始まったiPodブームは、太平洋を越えて日本でも社会現象になりつつある。

むろん、これはiPodブランドを形成する周辺機器のスパイラルにも言える。日本でもiPod関連商品の市場が急拡大しており、その流れは「クルマ」にも着実に広がっている。

目ざといBMW/Miniのブランド戦略

周知の通り、iPodに最初に正式対応したのは、ドイツの自動車メーカーのBMWだ。同社は2004年の段階で北米市場向け車両の純正オーディオにiPodを接続する「BMW・iPodアダプター」を投入。この開発にはアップルコンピュータも参加している。

BMWは自動車メーカーとして最初にiPodに正式対応した

next: ここで面白いのが…

ここから下は、過去記事一覧などです。画面先頭に戻る バックナンバー一覧へ戻る ホームページへ戻る

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る