このページの本文へ
ここから本文です

(住吉 敏治)

一問一答形式で英語音声を聞けるようにしました。まず日本文を読んで、対応する英文を考える。そして、回答を英語で聞いてください。回答の英文と簡単な解説も用意しました。合わせて確認すると効果的に勉強できます。

■「かんたん英会話表現一問一答、これを英語でどう言うの?」では、「げらげらイングリッシュ」という英語リスニング教材に出てくる基本的な英会話表現を中心に学びます。「げらげらイングリッシュ」の詳しい説明、効果的な勉強法はこちらで公開中。

今週の課題

「日本語、英語の対訳」と「英語のみ」は最後にお聞きください。

聞く 日本語、英語の対訳(522k/62秒)

聞く 英語のみ(282k/36秒)

一問一答編

問題は合計8問です。気軽な気持ちで始めましょう!

表現1:僕らはランチを食べながら今後について話し合ったのだけれど…
回答を英語で聞く

表現1:We were discussing what to do over lunch and...
ランチを食べながらは、この表現のover lunchという言い回しが簡単でお薦めです。

表現2:君も(彼女に)会えば分かるよ
回答を英語で聞く

表現2:You'll understand what I'm saying when you meet her.
you meet herの部分を入れ替えると応用できます。
例:You'll understand what I'm saying when you marry.

表現3:悪いけどあんま、興味ないし。
回答を英語で聞く

表現3:Sorry folks, but I'm not really interested in this topic.
あまり興味のない話題をふられたときに、この表現がそのまま使えます。
folksは、人々 という意味ですが、みなさん!と呼びかけでも使えます。

表現4:聞いてたんですか? 私たちの話。
回答を英語で聞く

表現4:Were you listening to our conversation?
Conversationは、会話という意味の頻出単語です。簡単な表現ですので、一文まるごと覚えておきましょう。

表現5:なんでそんなコト知ってるんです?
回答を英語で聞く

表現5:Why do you know so much?
言い方によっては、よく知ってるねぇ〜と驚きをあらわす表現としても使えます。

表現6:任せてよ。俺にプランがある。
回答を英語で聞く

表現6:Leave it to me. I have a plan.
Leave it to me.は、任せてよ!と言うときの定番表現です。

表現7:古今東西、失恋の傷を癒す方法 は一つしかない。……新しい恋だ。
回答を英語で聞く

表現7:No matter what decade you live in, or where you are, the only way to recover from heartbreak is...to find a new love.
古今東西、というのをどう訳するかが難しいのですが、この表現を使えば、うまく伝えられます。

表現8:それとも、ほかに何か方法、ある?
回答を英語で聞く

表現8:Or do you have any other ideas?
自分のアイデアを述べたうえで、この表現を使うと、相手の意見をうまく引き出せます。

住吉 敏治(すみよし としはる)

インテル株式会社リテールマーケティングマネージャー。

関西学院大卒業後コダック入社、広告宣伝、営業、マーケティングを担当。英語教材開発、販売のエンタ・ラボ株式会社 代表取締役を経て現職。

TOEICスコアは920点。独自の学習ノウハウをまとめた、「留学なし英会話学校なしでTOEIC845点取った英語学習法」(執筆時のスコアは845点)、英語は笑って覚えるえる「げらげらイングリッシュ」等、初心者から上級者まで忙しい方でも楽しく効率よく上達できる英語教材を開発。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る