このページの本文へ
ここから本文です

(住吉 敏治)

Voice Of Americaのニュースを題材にして、時事英語で使われる表現を学びます。VOAは、米国政府の資金によって運営されている国際放送サービスです。

まず、最新ニュースからピックアップした30秒前後の英語音声を聴いていただきます。30秒と言えども、時事英語において日々使われている表現や重要キーワードを集中して学べます。

今週の学習ポイント

全国亭主関白協会という団体が新橋駅前で愛の三原則を唱和した、というニュースをVOAが取り上げました。同協会は「一度でいいから、亭主関白してみたい!」と思っている男性の会だそうです。
全国亭主関白協会のホームページ
全国大会in東京のページには、新橋駅SL広場での様子が掲載されています。

それでは、英文をお聞きください。聞き取れない場合は、英文原稿を確認しながら聞いてください。

聞く 出題編
(ナチュラルスピードで収録:228K/30秒)

英文原稿(赤文字は今週のキーワード)

A group of Japanese men claim they have the key to better marriages. Recently, they gathered in suits and ties outside a busy train station in Tokyo and chanted their "Three Principles of Love:" saying "sorry" without fear; saying "thank you" without hesitation; and saying "I love you" without shame. Calling themselves the National Chauvinistic Husband's Association (Zenkoku Teishu Kanpaku Kyokai), they say these declarations are what women want to hear.

日本語訳(大意をつかむのにご利用ください。)

最近、スーツを着てネクタイを締めた人たちが、東京のとある騒がしい駅の前に集まり、「ごめんなさいを恐れずに言おう」「ありがとうをためらわずに言おう」「愛してるを照れずに言おう」と、愛の三原則を唱和した。彼らは全国亭主関白協会のメンバーで、この3つの宣言は、女性が聞きたい言葉であるといっている。(英文記事出典:By Catherine Makino Tokyo VOA news 25 October 2006

今週の実戦重要表現

chant:…を歌う、唱える

hesitation:ためらい

shame:照れ

chauvinistic:熱狂的愛国者の、熱狂的性差別主義の
male chauvinismで、男性優越主義となります。Napoleonを熱狂的に崇拝し愛国主義を唱えたフランス兵Nicolas Chauvinの名から生まれた単語

declaration:宣言

住吉 敏治(すみよし としはる)

インテル株式会社リテールマーケティングマネージャー。

関西学院大卒業後コダック入社、広告宣伝、営業、マーケティングを担当。英語教材開発、販売のエンタ・ラボ株式会社 代表取締役を経て現職。

TOEICスコアは920点。独自の学習ノウハウをまとめた、「留学なし英会話学校なしでTOEIC845点取った英語学習法」(執筆時のスコアは845点)、英語は笑って覚えるえる「げらげらイングリッシュ」等、初心者から上級者まで忙しい方でも楽しく効率よく上達できる英語教材を開発。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る