このページの本文へ
ここから本文です

(住吉 敏治)

一問一答形式で英語音声を聞けるようにしました。まず日本文を読んで、対応する英文を考える。そして、回答を英語で聞いてください。回答の英文と簡単な解説も用意しました。合わせて確認すると効果的に勉強できます。

■「かんたん英会話表現一問一答、これを英語でどう言うの?」では、「げらげらイングリッシュ」という英語リスニング教材に出てくる基本的な英会話表現を中心に学びます。「げらげらイングリッシュ」の詳しい説明、効果的な勉強法はこちらで公開中。

今週の課題

「日本語、英語の対訳」と「英語のみ」は最後にお聞きください。

聞く 日本語、英語の対訳(470k/60秒)

聞く 英語のみ(242k/30秒)

問題は合計8問です。気軽な気持ちで始めましょう!

表現1:思わず飲み過ぎてしまった
回答を英語で聞く

表現1:It seems I drank too much.
簡単な表現ですけど、頻出!?
「今日は二日酔いみたい」は、“It seems I have a hangover today.”です。一緒に覚えておきましょう。

表現2:もう、パニックでさ
回答を英語で聞く

表現2:I freaked out.
freak outで、ひどく取り乱すという意味の決まり文句です。
freakは、「熱狂的ファン」という意味で日本語としても使われているフリークと同じ単語です。元は変人という意味です。
a drug freakで麻薬中毒者となります。

表現3:会社に来る途中で、人にジロジロ見られなかった?
回答を英語で聞く

表現3:Didn't you notice people staring at you on your way here?
Didn't you notice my fault? 私の失敗に気づかなかったの?という感じで応用してみましょう。
stare atで「じろじろ見る」という意味の決まり文句です。

表現4:いいアイディアですね。今夜からそうします
回答を英語で聞く

表現4:Ah, great idea. I'll be sure to do that starting from tonight.
I'll be sure to do that!!は「間違いなく実行します!!」。この部分だけでも応用できます。

表現5:おまえ、度胸あるなぁ
回答を英語で聞く

表現5:You've got guts.
ガッツ(guts)は、日本語としてもよく使われますね。
You've gotと組み合わせることで、より英語らしくなります。
友人や同僚が度胸のある行動をしたときに言ってあげてください。

表現6:えらいことになったぜ
回答を英語で聞く

表現6:We're in a fine mess now
messはとっちらかるの意味です(Your hair is mess!!で寝癖で髪の毛が爆発してる!でした)。
fineを使ってmessを強調しています。少し皮肉のこもったニュアンスになります。

表現7:君のせいだろ!
回答を英語で聞く

表現7:It's your fault!
人のせいにするのは、あまり感心できることではありませんが、使える表現です。
It's my faultとしても応用できます。
なお、It's your fault!と言われてと言われて、「それは、濡れ衣だ!」と反論したいときは、It's a frame-up!と言えばよいでしょう。

表現8:深く胸に刻んでおきます…
回答を英語で聞く

表現8:I will be sure to keep it in mind...
keep in mindで心にとめておくという決まり文句です。
will be sure toと組み合わせることで、将来にわたって、深く心にとめておくというニュアンスになります。

住吉 敏治(すみよし としはる)

インテル株式会社リテールマーケティングマネージャー。

関西学院大卒業後コダック入社、広告宣伝、営業、マーケティングを担当。英語教材開発、販売のエンタ・ラボ株式会社 代表取締役を経て現職。

TOEICスコアは920点。独自の学習ノウハウをまとめた、「留学なし英会話学校なしでTOEIC845点取った英語学習法」(執筆時のスコアは845点)、英語は笑って覚えるえる「げらげらイングリッシュ」等、初心者から上級者まで忙しい方でも楽しく効率よく上達できる英語教材を開発。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る