このページの本文へ
ここから本文です

かんたん英会話表現一問一答、これを英語でどう言うの?

<$MTEntryTitle$>

2006/04/14 Podcastフィード

(住吉 敏治)

今回は、主人公のショウジが同僚のリサを飲みに誘うシーンから表現をピックアップしています。同僚、知り合いを飲みに誘う表現、逆に誘われたときに使う表現などを、ぜひマスターしてください。

■学習のすすめ方はこちら

■「かんたん英会話表現一問一答、これを英語でどう言うの?」では、「げらげらイングリッシュ」という英語リスニング教材に出てくる基本的な英会話表現を中心に学びます。「げらげらイングリッシュ」の詳しい説明、効果的な勉強法はこちらで公開中。

問題は計10問です。気軽な気持ちで始めましょう!

聞く 出題編
(日本語のみ:673k/1分26秒)

いかがですか? できそうでできない問題もあったのではないでしょうか? それでは、早速解答編をお聞きください。

聞く 解答編
(日本語、英語の対訳:673k/1分26秒)

なんと言っているか分かりましたか? もし、分からないところがあれば、次の解説編で台本を確認するようにしてください。

今週の英文とワンポイント解説

表現1:How about going for a drink after this party just the two of us?
使用シーン:知り合い、同僚を飲みに誘うとき

表現2:Weren't you cutting the company into pieces?
使用シーン:会社のことをボロカスに言っていた人に対して

表現3:I'm going to drop this company as soon as I win her over.
使用シーン:xxしたら会社を辞めちゃおうと思ったとき

表現4:Syouji and I are going for a drink after this party.
使用シーン:xxの後に飲みに行く予定があると説明するとき
(this party以下を変更することで、いろいろな場面に使えます)

表現5:I have to go to the powder room.
使用シーン:xxに行かなきゃと中座するとき
(the powder room以下を変更することで、いろいろな場面に使えます)

表現6:Would you like to join us?
使用シーン:いっしょに来ないかと誘うとき

表現7:We are not forcing you to come.
使用シーン:無理して来なくていいよと伝えるとき

表現8:Of course, I'll go with you.
使用シーン:ぜひ一緒に参加したい旨を伝えたいとき

表現9:Wow, sounds fun!
使用シーン:これから楽しいことが起こりそうなことを聞いたとき

表現10:Things were getting a little funny.
使用シーン:物事がおかしな方向に進んでいるとき

それでは、最後に英語だけのやりとりを聞いてみてください。

聞く復習編
(英語のみ:352k/45秒)

かなり、英語が聞き取れるようになったのではないでしょうか? 出題編を利用して繰り返し声に出して実践練習をすると、より確実に上達が実感できます。

4月7日配信 実践ビジネス英語(3)の質問の回答と英文原稿は、こちらです。

では、次回をお楽しみに!

住吉 敏治(すみよし としはる)

インテル株式会社リテールマーケティングマネージャー。

関西学院大卒業後コダック入社、広告宣伝、営業、マーケティングを担当。英語教材開発、販売のエンタ・ラボ株式会社 代表取締役を経て現職。

TOEICスコアは920点。独自の学習ノウハウをまとめた、「留学なし英会話学校なしでTOEIC845点取った英語学習法」(執筆時のスコアは845点)、英語は笑って覚えるえる「げらげらイングリッシュ」等、初心者から上級者まで忙しい方でも楽しく効率よく上達できる英語教材を開発。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る