このページの本文へ
ここから本文です

プレゼン、商談で即使える! 実践ビジネス英語

<$MTEntryTitle$>

2006/04/07 Podcastフィード

(住吉 敏治)

今週の学習ポイント

最近の傾向として、問題発生時の説明責任(英語ではAccountability)が日米を問わず重視されています。そこで今回は、コダックの、業績悪化に対応する戦略説明のプレスリリースを取り上げます。

ビジネスの現場では、常に問題が発生します。その際の対応策では、今回のプレスリリースのように、具体的なアクション、数字、達成期間を明示して説得力のある説明をすることが基本です。

■「プレゼン、商談で即使える! 実践ビジネス英語」の学習の進め方はこちら

■より効果的な学習法を知りたい方はこちら

聞く 3スピードリスニング編
(スロー、ナチュラル、2倍速で収録:2.7M/5分54秒)

聞く 出題編
(ナチュラルスピードで収録:708k/1分30秒)

■日本語訳(大意をつかむのに活用ください。)

コダック社 デジタル トランスフォーメーション戦略を加速

 ニューヨーク州ロチェスター(7月20日)発:イーストマン・コダック社は本日、「デジタル市場における長期的成功を達成するためビジネスモデルを構築する」という目標に沿って、デジタル トランスフォーメーション(デジタル化への変革)を加速すると発表しました。

 デジタル トランスフォーメーションの加速および予想以上に速いコンシューマー向け写真フィルムの売上減少への対策として、「全世界で1万5000人の人員削減を実施する」という2004年1月に発表した事業再構築計画をさらに拡大します。新しい計画では、人員削減を2万2500〜2万5000人に拡大。銀塩感材の製造インフラを、29億ドル(2004年1月時点)から約10億ドルにまで削減します。これらの活動の大半が終了する2007年半ばに、競争の激しいデジタル市場でも利益を出せるビジネス モデルが構築する予定です。

今週の実戦重要表現

consistent:一貫性を持った、沿った
発表された目標に沿った
consistent with the company's expressed goal
consistentとconsistency(一貫性)は頻出用語です。

achieve:達成する
デジタル市場における長期的成功を達成するためのビジネス モデル
a business model to achieve long-term success in digital markets
ビジネスは常に何かの目標に向かって進んでいるので、このachieveも頻出用語です。

As part of the effort:対策(努力)の一環として
デジタル トランスフォーメーションの加速への対策の一環として
As part of the effort to accelerate its digital transformation
As part of the effortのeffortを入れ換えて応用してください。

respond:応じる、対応する
予想以上に速いコンシューマー向け写真フィルムの売上減少に対応するために
to respond to a faster-than-expected decline in consumer film sales

approximately:約、およそ
約10億ドル
approximately $1 billion
外資系企業では、円、ドル換算をサッと暗算できることは必須です。
$1 million=約1億円、$1 billion=約1000億円($1=100円で換算)
この換算だけでも覚えておくと計算が速くなります。

今週の課題

次の質問に英語で回答してください。

Question 1
What is their purpose to accelerate the digital transformation?

Question 2
What will the company do to respond to a faster-than-expected decline in consumer film sales?

■質問の回答と英文全文はこちらでご覧いただけます。

住吉 敏治(すみよし としはる)

インテル株式会社リテールマーケティングマネージャー。

関西学院大卒業後コダック入社、広告宣伝、営業、マーケティングを担当。英語教材開発、販売のエンタ・ラボ株式会社 代表取締役を経て現職。

TOEICスコアは920点。独自の学習ノウハウをまとめた、「留学なし英会話学校なしでTOEIC845点取った英語学習法」(執筆時のスコアは845点)、英語は笑って覚えるえる「げらげらイングリッシュ」等、初心者から上級者まで忙しい方でも楽しく効率よく上達できる英語教材を開発。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る