このページの本文へ
ここから本文です

カーボンオフセット活用術(第1回)

2008年10月14日

自動車、マンション、ラーメン、紙おむつ─。カーボンオフセットをうたう商品・サービスの発売ラッシュが止まらない。環境配慮の新たな手法として、あらゆる業種の企業が注目する。商品・サービスの開発・販売に必要な基礎知識から具体的な手順、課題やリスクまで、カーボンオフセットの全容を明らかにする。


■CONTENTS

● 第1回 130の商品・サービスが登場
● 第2回 誰の、何による、何の相殺か?
● 第3回 排出枠と証書と植林、違いは何?
● 第4回 環境性を高め、欠点を補う
● 第5回 企業向け、消費者向けで違う
● 第6回 クレジットの中身が批判対象に


金子憲治、相馬隆宏、山根小雪、吉岡 陽(日経エコロジー)、
写真/的野弘路(なんでんかんでん)

ここから下は、過去記事一覧などです。画面先頭に戻る バックナンバー一覧へ戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る