このページの本文へ
ここから本文です

エピソード2 当時のレクサスの実力

ハイメカツインカムという高性能エンジンはパワーと燃費とエミッションでライバルを上回り、“日本の常識、欧米の非常識”であった「顧客サービスと品質」はアメリカ人の心を動かした。オイル漏れで汚れる駐車場はアメリカの自動車社会の象徴であったが、これを問題視するアメリカの経営者はいなかった。そこへ、壊れなくて丈夫なレクサスが登場。その品質は高く評価され、やがてレクサスは有名無実ではない“本物のブランド”に成長していく。その結果、レクサスはトヨタの稼ぎ頭のブランドとなったのである。

ところが、レクサスの成功の陰に、トヨタはある危機感を持っていた。というのは、本来の高級車であったはずのLSやGS、ISは、思うほど販売が伸びず、メルセデスやBMWに性能や機能で負け始めていたのだ。

さらに、レクサス販売の実態をみてみると、売れ筋の中心は大型FFサルーンの「ES」(日本名ウィンダム)とFFプラットフォームで作られた「RX」(日本名ハリアー)だった。つまりSUVブームに乗り、比較的安価な高級車として売れているというのが実情で、本物のプレミアム・セグメントではドイツ車の逆襲にあい、性能面で苦戦を強いられていたのである。

新型レクサスのチーフエンジニアの1人は「アメリカでレクサスが売れているうちに、なんとかしないといけない」とレクサス改革に至った心情を打ち明ける。今度こそ、という思いが今回のレクサスチームにはあったようだ。

北米市場におけるレクサスの販売実績(出典:トヨタ自動車)

北米市場におけるレクサスの販売実績(出典:トヨタ自動車)

画像をクリックして拡大できます

ここから下は、過去記事一覧などです。画面先頭に戻る バックナンバー一覧へ戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る