このページの本文へ
ここから本文です

第11回 ハイブリッド高級車レクサスLS600hついに登場<前編>

2007年4月27日

モータージャーナリスト=清水 和夫 氏

いよいよ登場、レクサス「LS600h」

2005年夏から新しいレクサスが日本でも販売されるようになり、「GS」「SC」「IS」「LS」と新型車が登場して話題となった。国内ではレクサス専売店という高級ディーラーが登場し、まるで高級ホテルのラウンジのような豪華なショールームが一夜城の如く現れた。それまで「値引き交渉」と「揉み手」が自動車販売の現場でよく見られた現象だが、レクサスは当初は訪問販売も禁止し、この高級ラウンジで顧客と接することがレクサス販売の第一歩となっていた。

今回はレクサスのフラッグシップモデル「LS600h」を取りあげるが、まず初めにレクサス・ブランドの歴史を振り返ってみたい。

レクサスのフラッグシップモデル「LS600h」

レクサスのフラッグシップモデル「LS600h」


「LS600h」を試乗中の筆者。そのドライバビリティはいかに?

「LS600h」を試乗中の筆者。そのドライバビリティはいかに?

ここから下は、過去記事一覧などです。画面先頭に戻る バックナンバー一覧へ戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る