このページの本文へ
ここから本文です

第28回 街の記憶をデザインするポートランド(後編)

2008年8月29日

デザイナー=益田 文和氏


(前編はこちら)

ポートランドの温暖な気候が
サステナブルなライフスタイルを生んだ?

都市のサステナビリティを語るとき、建築や交通機関など都市の形を作るもの以上に重要なのが、そこに暮らす人々の考え方や暮らしぶり、いわゆるライフスタイルである。

これは、しかし、そう簡単に作り出せるものではない。ライフスタイルはその地域固有の歴史や文化と深くかかわるし、気候や様々な地理的条件が及ぼす影響も決して少なくない。

米国西海岸といっても、カリフォルニア州は日照時間が長く、砂漠が近くて乾燥しているが、その北隣のオレゴン州は湿潤で森が多く、土地は肥えて農作物の種類も量も豊富である。冬に雨がよく降る以外、ポートランドの気候は全般的に温暖で穏やかだ。

川にはビーバーが小枝で巣を作り、太平洋からは鮭が遡ってくる。晴れた日には、高さも姿も富士山によく似ていることから「オレゴン富士」とか「ポートランド富士」と呼ばれるフッド山の、雪をかぶった姿も見ることができる。

コロンビア川の向こうはワシントン州

ダウンタウンから車で15分も走れば広大なオレゴンの自然と出合える。コロンビア川の向こうはワシントン州だ
(クリックすると拡大した画像が開きます)

「ポートランド・スピリット」の文字

ウィラメット河を往く船の船尾には誇らしげに「ポートランド・スピリット」の文字
(クリックすると拡大した画像が開きます)

ビーバーの彫刻

街の中にもビーバーの彫刻が
(クリックすると拡大した画像が開きます)

1950年代の名残

街のいたるところに1950年代の名残が今も現役で残っている
(クリックすると拡大した画像が開きます)

清潔な水はどこでも飲める

街には飲み物の自販機など無いが、清潔な水はどこでも飲める
(クリックすると拡大した画像が開きます)


バックナンバー

ここから下は、過去記事一覧などです。画面先頭に戻る バックナンバー一覧へ戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る