このページの本文へ
ここから本文です

第14回 太陽光発電システムのメリット(一般家庭の場合・その2)

2008年12月9日

株式会社 発電マン 代表取締役・岩堀 良弘 氏


(一般家庭の場合・その1)はこちら


住宅用太陽光発電の
経済的メリットとは何か

今回は、前回触れた太陽光発電システムの一般住宅における「経済的メリット」について、もう少し掘り下げてみたいと思います。

日本の場合、太陽光発電システムで発電した電気は、まず家庭用として自家消費することが義務付けられています。そのうえで消費しきれず余った分(余剰電力)を売るという形になります。つまり、太陽光発電による経済的メリットはA(自家発電でまかなうことにより減った電気代=自家消費部分)とB(余剰電力を売電して得た収益)、このAとBを足したものということになります。「経済的メリット」といっても、いろいろな考え方はありますが、一番具体的なものがこれです。

そして「太陽光発電によって得られた経済的メリット」で、設置にかかった費用を何年で償却できるのかということが、一般的に導入判断の材料になります。

写真


バックナンバー

ここから下は、過去記事一覧などです。画面先頭に戻る バックナンバー一覧へ戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る