このページの本文へ
ここから本文です

第12回 太陽光発電のメリット(国家の場合)

2008年11月11日

株式会社 発電マン 代表取締役・岩堀 良弘 氏


太陽光発電システムは
「CO2削減」のためだけなのか?

近頃は毎日のように新聞に太陽光発電システムに関連する記事が載ります。もちろんそこには当然のように“地球温暖化防止に貢献する”とか“CO2を出さないクリーンな”という「枕詞」がついています。もちろん「クリーンなエネルギー」であることは間違いないのですが、地球温暖化防止のキャンペーンがブームのようになっていて、本来、日本が「太陽電池」の開発を始めた時の切羽詰った状況が忘れられている気がしてなりません。今回は日本における住宅用太陽光発電システムの開発物語を振り返りながら、温暖化抑制だけにとどまらない、国家として本来追求していたメリット、さらには日本の太陽光発電の現状とその問題点まで触れたいと思います。


バックナンバー

ここから下は、過去記事一覧などです。画面先頭に戻る バックナンバー一覧へ戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る