ビジネスイノベーターは、nikkeibp.jpビジネススタイルに変わりました。こちらをクリック。

ビジネス イノベータートップへ

ーーー
編集部からのお知らせ

ーーー
連載企画
「IT」と「環境」
まれる心、
企業生き残りの代償


境生活のススメ

塊消費動向研究所
--シニアを“生かす”
ビジネスの可能性


門「近自然学」
〜豊かさと環境の
両立は可能だ


"ビジネス基礎力"向上計画
〜ワンランク上の
プロを目指す


"会社"に頼らない生き方を探れ!

代リスクの基礎知識

「環境」を考える
(日経エコロジー)


ーーー
日経ビズテック創刊!
雑誌関連のお知らせ

ラム・ショーケース

島の眼

ーーー
今週の市場データ

ーーー
読者から
 (Reader's Opinion)

ーーー
仕事の本棚

ーーー
オフタイム・クリエーター
新ワークスタイル研究

出張、リデザイン

充実空間


ーーー
from nikkeibp.jp 倶楽部

ーーー
アーカイブ

ーーー

お問い合わせ

ビジネス イノベーター
spacer
nikkeibp.jp

ラーメンは文化だ!
プロフィール
“曖昧な”国の“曖昧な”ラーメン

2003/12/09

 以前、和歌山出身の人から、「東京に出てきて、しばらくしてから、ようやく“中華そば”と“ラーメン”が同じ意味で使われていることに気が付いた」という話を聞かされたことがある。

 筆者は東京出身で、物心ついてからずーっと“ラーメン”と“中華そば”を同義に使っていたので、全く気がつかなかったのだが、確かに、和歌山のように、一方の言葉が、他方より圧倒的な頻度で使われているところに暮らしていれば、両者が同じ意味の言葉であるのを知らずに過ごしてしまうこともあるのだと、気が付かされた。

 ましてや、豚骨しょうゆの濁ったスープが特徴の井出系の“中華そば”しか知らなければ、東京風のしょうゆ“ラーメン”を食べた後も、“ラーメン”と“中華そば”とは全く別の食べ物だと思い続けたとしても、不思議なことではないかもしれない。

“中華そば”は日本料理

 さて、この“ラーメン”と同義に使われている“中華そば”という言葉だが、この言葉によって、未だにラーメンを“中華料理”の一メニューだと思い込まされてしまっている人が、多数いるようだが、果たして本当にそうであろうか?


もはやラーメンではない「麺屋
嘉夢蔵」の“平つけ麺”
 ラーメンの原型は、今から約100年ほど前に、日本に渡ってきた中国人の手によってもたらされたものであり、そのことについては疑う余地はない。しかし、その後、しょう油や味噌など、日本独自の調味料による味付けが施され、鰹節や昆布などの海産物の出汁を加えるなど、日本人の舌に合うように幾多の日本的アレンジが加えられ、進化・発展を遂げ今日に至っている。

 そのため、現在、我々が口にしているラーメンは、もはや、全くといっていいほど原型を留めていない。従って、もともとの「起源」以外に、現代のラーメンを“中華料理”とする根拠は存在しないといっていい。

 「起源」のみを根拠に、料理の国籍を議論するならば、誰もが日本料理として信じて疑わない“天麩羅”はポルトガル料理ということになり、“寿司”も東南アジアのどこかの料理ということになる。 また、そもそも、麺料理全ての起源は中国にあるので、“うどん”も“日本そば”も全て中華料理ということになってしまうが、それはあまりに乱暴であろう。

 何より、現代中国に日本の“ラーメン”に当たる食べ物が存在せず、彼ら自身が日本のラーメンを“日式ラーメン”として区別していることも、我々が口にしているラーメンが、純然たる日本料理であることを示す、確たる証拠といえるだろう。

 余談になって恐縮だが、このラーメンを中華料理の一メニューとする「誤解」は、日本特有のもので、実は、西欧諸国ではほとんど見ることがない。8月19日の拙稿「アジア各国における日式ラーメンブームの裏側」で紹介した通り、西欧諸国におけるラーメンの一般認識は、「インスタントに調理できる麺の塊」である。しかし、書籍などで説明される際には、キチンと「日本」のものであるという言及がされており、中華料理であるという誤解は、全くといっていいほどされていないのである。


混同されるラーメン

 「誤解」といえば、ラーメンとは、全く関係のない“麺料理”をラーメンの一種として「混同」している人も少なくない。混同されている際たるものが、チャンポンと担々麺である。

 チャンポンは、1887年(明治20年)オープンの「四海楼」のオリジナル料理であり、当時、長崎に渡航してくる貧しい華僑や留学生を相手に、安くて、うまくて、栄養豊富で、ボリュームのある麺料理を提供しようと、福建省出身の店主・陳平順が創作したものである。開店当初のメニュー名は「シナ料理四海楼饂飩」といい、“うどん”として世に出たものであった。

 また、担々麺に関しても、今、我々が最も口にすることの多い、胡麻のペーストを用いた担々麺は、日本における四川料理の父・陳建民が、四川で食べられていた汁なしの和えそばを、汁そば好きの日本人の口にあわせて考案したものがベースとなっている。

 香港には、担々麺という名前ではないものの、この“陳式”担々麺に良く似た汁そばが存在しているので、この「胡麻風味汁そば」である担々麺自体が、陳建民のオリジナルであったかどうか、ハッキリしたことは定かではない。しかし、いずれにせよ、ラーメンとは全く別の経緯で開発されたオリジナルの麺料理であり、ラーメンの一種として捉えられる理由はどこにもない。

 このように、チャンポンと担々麺、そして、ラーメンとの間には、「基本的に汁そばであること」と、いずれも「中国に起源があること」の他には、なんらの共通項もないことは明らかで、これらの麺料理をラーメンの一種として捉えることには無理がある。

 百歩譲って、なんとなく“中国の匂いのする麺料理”を“ラーメン”として捉えるという考え方もできなくはないが、刃削麺や竜髯麺など、ごく最近になって日本に紹介された中国オリジナルの麺料理を、ラーメンとして捉えるかと問われれば、それはそれで違和感を禁じえない。

「誤解」と「混同」のもと

 このように、いまや国民食になり、極めて身近な存在であるはずのラーメンではあるが、実は、我々一人一人の頭の中にあるラーメン像が微妙に異なり、何をもってラーメンとするかは、いまだ“曖昧”なままなのである。

 更に、ここ数年のラーメンブームで、ラーメンは凄まじいスピードで多様化し、スープの素材や基本となる調味料は言うに及ばず、麺の形状や素材に至るまで、ありとあらゆる試みが繰り返されてきた。その結果、もはやラーメンとは言いがたい、新種の麺料理まで生み出すに至り、“曖昧”さが増幅した状態になっている。


 特に、同じ麺料理であるイタリアのパスタと比較すると、片や、材料は全く同じであっても、わずかな太さの違いで呼び名が変わってしまう厳格さを持ち、片や“なんでもあり”の柔軟さを持つラーメンというコントラストが浮き彫りになる。

 よく、「ラーメンの魅力は、ルールなきが故の自由度の高さである」という声を聞くが、ラーメンとは、日本という“曖昧なもの”を“曖昧な”まま受け入れる柔軟な素地があってこそ大きく花開いた文化であると、今回の原稿をまとめていく過程で思いを新たにした。そして、その意味においても、ラーメンは紛れもなく“日本料理”なのだとも。

※「超らーめんナビ」iモード版についてのお知らせ
 EZweb、J-sky(現Vodafone live!)に続き、9月16日からiモードでも「超らーめんナビ」がご利用いただけるようになりました。iモードにつきましては、このコーナーで執筆していただいています、大崎さん、武内さん、河田さんをはじめとするラーメン界の達人8名にプロデュースをお願いしました。ぜひお試しください(「超らーめんナビ」編集部)。


「超らーめんナビ」
 株式会社エディアが運営する携帯電話向けのラーメン情報サイト。Ezweb(トップメニュー⇒生活情報を調べる⇒グルメ⇒超らーめんナビ)、J-SKY(J-skyメイン⇒グルメ・ショッピング⇒グルメ⇒超らーめんナビ)の公式サイト。位置情報付データで全国のラーメン情報を紹介するほか、掲示板ではラーメン好きの人のためのコミュニケーションで連日盛り上がりを見せている。
エディアのWebサイトへ


=読者からのコメント=

■中国から渡来したラーメンが日本で変化をきたし、日本独自のラーメンとして進化してきた、それは賛成。現在のラーメンに対する創意工夫が「ラーメン像」を脅かすほどになっている事も同意します。
 音楽で語る「ジャンル」みたいな概念です。同じジャンル名でも結構皆概念が違ったりします。
 多分過去も現在もそして未来も含めて全てが過渡期と呼べるのではないでしょうか。
事象は常に混沌の中にあり、行き先は常に模索されている。だから進歩し、進化するのです。ことラーメンに限った事じゃありませんが。
 そんな中で自分の位置を確かめ、足場を固めるために必要なのは何がしかの「信念」。そんな所じゃないかと思います。
 そして僕は物申す。「豚骨にあらずんばラーメンにあらず」と。
(豚骨大魔王:41:自営業)

■自分の中では、ラーメン(拉麺)はまだ中国麺料理の側にあるという認識が強いです。日本人は「細く長く汁が絡んでいてちゅるちゅる啜れる」ものを麺と認識しているのかなぁ…となんとなくそう思います。だから刃削麺は中国では麺であっても我々が認識する麺とはちょっとちがう→ラーメンではない、という識別になります。
 支那そばも中華そばも日式ラーメンの直訳であるというのは少々乱暴でしょうが、麺の違いで区別するという定義があれば少しは判りやすくなるかもしれませんね。
(戸崎誠:43歳:会社員)


小関 敦之

1965年生まれ。早稲田大学教育学部卒・米国イリノイ大学MBA。銀行系シンクタンク勤務を経て、現在、大手広告代理店のマーケティング部門勤務。新商品開発・コミュニケ−ション戦略の立案などを通じ、食品・飲料メーカーのブレーンとして暗躍中。生来の“美味いモノ好き”で、オフィス近くにある築地市場を食卓代わりに完全掌握。2003年4月、TV東京TVチャンピオン築地王選手権で、並居る強豪をぶっちぎって優勝。初代築地王となる。日々の築地的美食生活を綴ったホームページWeb 築地市場を食べつくせ!の日記コーナーは、2万数千の登録がある日記リンクサイト“日記才人”で、常にアクセス数上位にランクされる人気。ラーメンに関しては、英語で唯一の総合ラーメン情報サイトWorldRamen.netを主宰し、日常的に海外ラーメン事情のウオッチ。この分野では、他の追随を許さない絶対的第一人者。
バックナンバー
■[2004/4/27]
・「おばあちゃん生き甲斐系の店」

■[2004/4/20]
・ラーメンフリークが作るラーメン店

■[2004/4/13]
・「期間限定メニューの効果」

■[2004/4/6]
・鶏ガラスープの時代は来るか

■[2004/3/30]
・テレビに愛されるラーメン

■[2004/3/23]
・いま栃木のラーメンが面白い!

■[2004/3/16]
・ラーメン店のブランド戦略

■[2004/3/9]
・「古い店をもっと愛して」

■[2004/3/2]
・ラーメン店 修業すべきか?独学か?

■[2004/2/24]
・「ご当地ラーメンと町おこしラーメン」

■[2004/2/17]
・二郎インスパイア系の出現

■[2004/2/10]
・「最強のラーメンファミリー〜丸長のれん会」

■[2004/2/3]
・2大国民食の狭間に:カレーラーメン

■[2004/1/27]
・ハワイ ラーメン事情

■[2004/1/20]
・カップ麺プロデュース体験記

■[2004/1/13]
・「ラーメン名店に名サイドメニューあり」

■[2004/1/6]
・2003年ラーメン界の動向

■[2003/12/22]
・2003年ラーメン業界を振り返って

■[2003/12/16]
・「浪花麺だらけ」の裏事情

■[2003/12/9]
・“曖昧な”国の“曖昧な”ラーメン

■[2003/12/2]
・新旧せめぎあう広島のラーメン

■[2003/11/25]
・全国・手打ちラーメンいろいろ

■[2003/11/18]
・進化する函館ラーメン

■[2003/11/11]
・外国人ラーメン武者修業者歓迎!

■[2003/11/4]
・チャーシューのこだわり

■[2003/10/28]
・日本のラーメン文化の起源

■[2003/10/21]
・佐賀・人情ラーメンとの出会いと、確信した加水率の秘密

■[2003/10/14]
・“サムライ・ラーメンシェフ”奮闘記

■[2003/10/7]
・ラーメン「こだわり」の波、全国へ

■[2003/9/30]
・滞在型ラーメン店の試み

■[2003/9/22]
・シーラカンスのような横浜ラーメン

■[2003/9/16]
・映画「タンポポ」が残した功罪

■[2003/9/9]
・激増するラーメン・テーマパーク

■[2003/9/2]
・ラーメン屋に行列ができる理由

■[2003/8/26]
・インスタントラーメンに関する一考察

■[2003/8/19]
・アジア各国における日式ラーメンブームの裏側

■[2003/8/5]
・ラーメン店における空間のおもろしさ

■[2003/7/29]
・ラーメン業界激震の名古屋にひっそりと店を出した旭川の名店

■[2003/7/22]
・半熟玉子の百年

■[2003/7/15]
・“家系”ラーメンの総本山「吉村家」とその弟子たち

■[2003/7/8]
・なぜか注目を浴びない伝統の味わい「日本橋こんどう軒」

■[2003/7/1]
・ラーメン新時代


日経BP社 www.nikkeibp.co.jp

サービスよくあるご質問 | 記事に関するお問い合わせ
会社案内日経BP社案内 | プライバシーポリシー | 著作権・リンクについて | 広告ガイド
© 2005 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.