このページの本文へ
ここから本文です

三菱鉛筆「芯が自動的にとがるシャープペン」(2) 書いた字に違いがでるという本質で勝負したかった

2008年10月3日

(聞き手:林田 孝司=フリーライター)

(前回の記事はこちら

 自動的に芯先がとがるという新機構を備えたシャープペンシル「クルトガ」はヒットし、成功を収めた。しかし、単純に新機構があったから売れたわけではない。そこにあるのは、長い目で見た「クルトガエンジン」という芯を回転させる機構への強い思い。メカニズムのおもしろさだけでは売りたくない──。これからのスタンダートとして、正統派のシャープペンに育てるための戦略をとった成果だった。

筆圧が弱い人でも強い人でもちゃんと使えるように繰り返し試す

自動的に芯がとがるシャープペン「クルトガ」の開発を担当した、三菱鉛筆・横浜開発センター課長代理の中山 協さん

芯の動きを横の回転に変えるための歯数が20ではダメだから、もっと多くしろといっても簡単ではない。機構の大きさ自体が変わらないので、歯数を増やすということは、それだけ精密な工作が必要になります。それに、あまり歯数を増やして回転を細かくし過ぎても、芯の回るテンポが遅くなります。そうすると、結局は偏減(かたべ)りの傾向が強くなり、本末転倒になってしまう。よりよい書き味を求めて、歯数を調整したり、ちょっとしたチューニングを施したりしながらの開発でした。

歯の数が決まれば、これは売れるぞと自信をもったり、強度不足が判明すれば、商品化は無理なんじゃないかとへこんだり。一喜一憂しながらの毎日でしたね。実際に最終製品となった「クルトガ」ほど精度は良くない試作品で社内モニター調査をしたんですが、結果は散々でした。回転する機構は理解してもらったのですが、書き味に関しては「ギシギシして書きづらい」とか厳しい意見が多かったですね。

結局、開発期間を半年延長して、書きやすさをブラッシアップしました。結果的に売れたのは、書きやすさにこだわったおかげだと思います。試作段階のペコペコしたものじゃ、きっと売れなかったでしょう(笑)。

(全 4 ページ中 1 ページ目を表示)

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る