このページの本文へ
ここから本文です

三洋電機 全自動洗濯乾燥機「アクア AWD-AQ3000」(2) 「あら、いいわね」と野中前会長が反応してくれた

(聞き手:長田 美穂=フリーライター)

(前回記事はこちら

 洗濯機は元々、三洋電機の得意分野だった。1953年に現在の洗濯機の原点である噴流式洗濯機を日本で初めて開発、家庭に洗濯機が普及するきっかけを作った。60年、世界で初めて脱水機をつけた二槽式洗濯機を開発したのも三洋だ。

 2001年には、電解水を漕内で生成し、洗剤なしで洗濯できる洗濯機「超音波と電解水で洗おう」を発売。大きな話題を呼んだ。

 しかし、日本経済の成熟とバブル崩壊後の長引く景気低迷で、洗濯機をはじめとする白物家電は売れ行きが鈍る。そのあおりを受けた三洋電機が経営危機に陥り、経営陣を刷新したのが2005年6月だった。

経営陣が考えていた「環境」のコンセプトとアクアの商品特性が一致

これからも「オンリーワン、ナンバーワン」を目指すと話す、三洋アクアのランドリー販売企画部販売企画課主任の内藤正浩氏

2005年の7月か8月だったと思います。野中ともよ会長(当時)ら新経営陣が、洗濯機の開発現場である滋賀工場を訪問しました。

ちょうど2006年3月発売予定の初代アクアの開発が進んでいる最中でした。

「オゾンを使って軽い汚れなら落とせます。水を使わなくても、消臭や除菌もできるので、環境に優しい洗濯機になります」

技術者が会長に向かって説明した時、会長の顔がぱっと明るくなったんです。

「あら、いいわね」

あれは嬉しかった。明らかに同行の男性視察者とは違う、前向きな反応でした。

(全 4 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る