このページの本文へ
ここから本文です

工人舎の低価格タブレットPC(2) 心がけたのは、品質管理とサポート体制

(聞き手:長田 美穂=フリーライター)

(前回記事はこちら

── 工人舎は2006年11月、SAシリーズと銘打って、2機種を市場投入した。7型液晶を搭載し、OSはWindows XP、ハードディスクは40GBと80GB。40GBモデルは8万9800円、80GBにはマイクロソフト「Office」を搭載して10万9800円。──

発売直後、大手量販店の店頭に立ちました。あのときのことは忘れられません。お客さんが寄ってきて、製品を眺めている。そして私に聞くんです。

佐藤 滋俊 工人舎企画部部長

「工人舎? 台湾のメーカーですか」

違います。

「あ、韓国のメーカーですか」

いえ。

「じゃあ中国ですか」

いいえ、横浜の会社です。……このやりとりを何回、繰り返したか。

パソコンのユーザーは、「やはりブランドを意識するのだ」と感じました。工人舎の名前のリスクを恐れずに、最初にSAを購入してくださった方には、今も感謝でいっぱいです。

(全 5 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る