このページの本文へ
ここから本文です

自民党総裁候補は政策を語る前に自民党を語れ

2008年9月9日

私が自民党総裁選に期待するものは「政策論議」などでは断じてない。

自民党が圧倒的多数で総裁に選出をした総理が、二人続けて政権を投げ出した現実は、自民党というシステムがすでに崩壊していることを意味しているからだ。

首相を替えてもこのままでは支えられない

自民党にとって総裁選は総選挙に向けた最高のプレゼンテーションになるだろう。出馬表明をした候補者たちを見ても、おそらく活発な政策論議が展開されていくことは容易に想像がつく。

しかし今の自民党にとって必要なことは、「政策」ではなく「どうやって政策を実現するか」ではないか。安倍政権、福田政権は政策を間違えたから空中分解したわけではない。自民党は民主党をさしてよく「野合」だと批判するが、いまの自民党も「野合」に成り果てている。それどころか小泉政権時代の恐怖政治から開放され、勝手し放題というのがいまの自民党で、総裁候補者が乱立したプロセスなどはまさにその象徴といえる。二代続いた政権放り投げは、首相を支えきれない自民党というシステムの崩壊がもたらしたものだと私は考えている。

総裁候補に言いたい。

「まず自民党を語れ」

政策論議をする前に、自民党がかくも情けない政党に成り下がってしまった原因を分析し、いかなる処方箋によって、自民党を再建するのか。その議論こそがいま求められている。

(全 3 ページ中 1 ページ目を表示)

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る