このページの本文へ
ここから本文です

メルマガ1通目は、必ず迷惑メールフォルダーに届くもの?

2007年12月3日

(須藤 慎一=ライター)

「プロバイダが導入した迷惑メールフィルターのせいで、メルマガが届かない」という声を聞く。メールマガジン、メールニュース、新製品案内などの告知系のメール(以降は「メルマガ」)を、迷惑メールフィルターが迷惑メールとして「誤認」することが増えたからだ。

あるメルマガ発行者は「最近はやりの『レピュテーション型』の迷惑メールフィルターは、メルマガには厳し過ぎる」と主張する。受信者の中には、メルマガを「購読解除」する代わりに、迷惑メールに分類する人がいる。そのせいでメルマガの「評判」が下がると、迷惑メール扱いされ、他の読者にも届かなくなるのだ。

メルマガを申し込むと、最初の1通目は迷惑メールフォルダーに届く。迷惑メール扱いを解除するところからメルマガ購読は始まる、という時代になったのかもしれない。

レピュテーション型の迷惑メールフィルター

連絡を装い、受信者ですら、すぐには広告だと見抜けない迷惑メールが増えている。迷惑メール送信業者は悪知恵を凝らし、送信したメールが迷惑メールフィルターを潜り抜け、記載されたURLを受信者がクリックするよう工夫している。

この種の迷惑メールを効率的にフィルターする手法として、ここ2年ほどで採用が進んだのが、レピュテーション型(reputation)の迷惑メールフィルターである。「多くの人が迷惑メールだと判断したメールは迷惑メール」という明快な原理を使う。

プロバイダや企業がレピュテーション型迷惑メールフィルターを採用すると、「ある」メールを迷惑メールと判断する人が多ければ、同文のメールを迷惑メールとみなして、他の人にも配信しない。本文まで比較すると迷惑メールフィルターの負荷が大きいので、「このIPアドレスが送信元のメールは迷惑メール」という処理だけをする製品も多い。

レピュテーション型迷惑メールフィルターは、利用者が迷惑メールフォルダーに移動したかどうかを「評判情報」として集める。一定の人数が「悪い評判」を申告したら、迷惑メールとして扱う(実際は、ニセの評判情報を除外するなどの処理も行う)。

迷惑メール送信業者は、同文の広告メールを大量に送信する。送信には一定の時間がかかる。評判情報の更新が速ければ、迷惑メール業者が送り終わる前に、プロバイダが受信を拒否することができる。メールサーバーが受信していても、受取人がサーバーから受信する前(Webメールの閲覧前や、POP3でのメール受信前)なら、迷惑メールフォルダーに移動するといった対処が可能である。

レピュテーション型は人の目のチェックを利用するので、迷惑メールのフィルター漏れが大幅に減る。ただし、問題も見つかった。メルマガを迷惑メール扱いする例が急増したのである。

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る