このページの本文へ
ここから本文です

「決済完了、ダウンロード可能」というメールに誘われて…

2007年4月23日

(須藤 慎一=ライター)

心当たりのないメールが届いた。「支払いを確認したので、下記URLからログインしてください」と書いてある。アダルト画像サイトの会員登録や、著名なアプリケーションのダウンロード販売の決済確認のメールが誤って届いたように見える。

こうした新種の迷惑メールが増えている。軽い気持ちでアクセスするとひどい目に遭うかもしれない。ワンクリック詐欺や恐喝、あるいはスパイウエアを組み込ませる手口である疑いが濃厚なのだ。

もしアプリケーションをダウンロードして、インストールしてしまったらたいへんだ。早急にそのパソコンのネットワークを切断して、チェックする必要がある。ウイルス対策ソフトやスパイウエア対策ソフトが検出できないスパイウエアを組み込まれた可能性がある。

筆者に届いたメールの実例などを元に、典型的なパターンを紹介しよう。

「あと○円」「あと○日」で気を引くアダルトサイトのわな

米マカフィーは3月13日、「アダルトサイトの会員登録が完了しました」という手口の詐欺メールについて警告した(英文ブログ)。メールには、サイトのURL、ID/パスワードと共に「トライアル期間は5日間で、料金9ドル95セントを決済代行会社経由で請求済み(支払済み)」と書いてあるという。

有料アダルトサイトの契約完了時に届くメールと区別が付きにくい。加入した覚えのない人が見た場合、なにかの手違いで自分に届いたものと誤解するようにつくってある。

単に契約完了を通知するメールだったら、多くの人が迷惑メールとして無視してしまう。そこで送信者は、ID/パスワードと「5日間有効、料金支払済み」というフレーズでログインを誘う心理トリックを仕掛けている。

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る