このページの本文へ
ここから本文です

小型プロジェクターも魅力だ

ポケットプロジェクターは、どちらかと言えばセカンドユース向きの製品だ。オフィスには大型のプロジェクターがあって、モバイル時にのみ使うのがベストだろう。

その点、メインのプロジェクターとしても使える小型タイプなら、1台でマルチに活躍してくれる。

加賀コンポーネントの小型プロジェクター「Data Projector V-339」

今回テストした「Data Projector V-339」(加賀コンポーネント)は、1.3キロの軽さで、幅186×高さ46×奥行176mmと非常にコンパクト。ちょっと大きめのパソコンになら、携帯ノートと一緒に収まってくれる。

プレゼンに臨んで鞄ひとつで出かけられるメリットは大きい。また、社内でプロジェクターを使い回すときにも、気軽に運べるのは嬉しい限りだ。

明るさは1300ルーメン。10〜20名程度のプレゼンには余裕のサイズで投影できる。もちろん、日中の明るい会議室でも問題ない。

端的に言ってしまうなら、機能的には普通のプロジェクターである。ただしそれが、簡単に持ち運べるのがミソというわけだ。

SOHO環境など、会議室自体が対し手広くないケースでは、小型のプロジェクターが1台あれば十分だ。二回りほど大きな格安プロジェクターに比べると、確かに価格は高いが、営業力をパワーアップできるなら安い買い物だ。

小型の携帯ノートとプロジェクター、ケーブルを一緒に鞄に入れて運べるのは嬉しい。

<プロジェクター製品一覧はこちら>

戸田 覚(とだ・さとる)

1963年東京都出身。ビジネス書作家。株式会社アバンギャルド/株式会社戸田覚事務所 代表取締役 雑誌連載多数、テレビ・ラジオ出演、講演、セミナー等で広く活躍中。著書累計80冊以上。「あのヒット商品のナマ企画書が見たい!」(ダイヤモンド社)が近著。近況はブログにて。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る