このページの本文へ
ここから本文です

無料オンラインOfficeの実力をチェック〜ソースネクスト「ThinkFreeてがるオフィス」

2007年8月1日

Office 2007が登場して半年ほど経つが、最近、フリーのOffice互換ソフトが話題に上る機会も増えている。

今回注目したのは、ソースネクストが提供する「ThinkFreeてがるオフィス」だ。まだベータ版だが、一般ユーザーも登録すれば利用できるようになっているので、興味のある方は試していただくとよいだろう。ちなみに、まだベータ版なので、制限事項や不具合に関しては言及を避ける。また、正式にはVistaに対応前だが、僕の環境では利用可能だった。

もちろん、本コラムでは仕事でどこまで役立つのかを中心に検証していく。

搭載されているソフトは、ワープロ、表計算、プレゼンの3種類だが、ここの機能をチェックする前に、全体の仕組みを把握しておこう。

オンラインストレージにドキュメントも保存できる

ThinkFreeてがるオフィスは、基本的にWeb上で操作するオフィスソフトだが、それだけでなく、ドキュメントもオンラインストレージに保存できるのが特徴だ。無料で1GBのファイルスペースが用意され、そこに保存できるわけだ。

これによって、いつでもどこでも、インターネットにつながる環境があればファイルを利用できるのだ。自宅と会社の両方でファイルが使えるのはとても便利である。また、ファイルをシェアできるので、複数のスタッフで共有して編集することもできる。

従来は、ファイルのみをオンラインストレージに保存していても、対応するプログラムがなければ開けなかった。しかし、ThinkFreeてがるオフィスなら、プログラムもオンライン上に用意されているので、インターネットにつながるほとんどのパソコンで作業できるわけだ。

半面、セキュリティに非常に気を遣う昨今だけに、企業によっては、会社の重要なデータをアップロードするのは難しいだろう。その点、ファイルの共有は、SOHO的な仕事環境のユーザに向いている。

もちろん、作成したファイルはローカルへの保存も可能だ。また、登録してインストールも不要で利用できるので、たとえば、出張先で受け取ったPowerPointのファイルをホテルで借りたパソコンで開きたい、といったときにも急遽利用できるのは便利だ。

ThinkFreeてがるオフィス」は、単なるフリーのオフィスソフトの域を超え、ファイルの共有や共同作業にも使える。

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る