このページの本文へ
ここから本文です

グラフの表現力が多彩に

いままで、Excelのグラフに不満を覚えていた人は多いだろう。標準機能で簡単にできあがるグラフは、何ともセンスが悪かった。もちろん、徹底的に編集してこだわれば見栄えの良いグラフもできたのだが、手間が掛かりすぎた。

Excel 2007はグラフ機能が一新と呼べるほど進化している。グラフ作りの手順はほぼ従来通り、表を選んでグラフの種類を決めるだけだが、素晴らしいのが表現力の向上だ。豊富なデザインが用意され、選ぶだけでセンスの良いグラフが完成する。軸ごとの色などをいちいち指定する必要はもはやないのだ。

さらに、凡例などのレイアウトも思い通りに設定できる。これらの作業ができあがりをイメージできるサンプルを見ながら指定できるのが素晴らしいのだ。完成したグラフのデザインはスバラシイのひと言。従来のバタ臭いグラフとは決別しよう。

実は、この段階で満足しているのは普通のユーザーだ。徹底的に見栄えにこだわりたいユーザーは、例えば立体棒グラフを選択して書式設定を実行すると、驚くはずだ。円柱などの立体感(奥行き)が自在に設定でき、さらに塗りつぶしのバリエーションの豊富さは舌を巻く。影ひとつをとっても、設定できる書式は透過性、サイズ、ぼかし、角度……。表現力は下手なドローソフト顔負けだ。

グラフの表現力が圧倒的に進化した。何も考えずに作っても見栄えは数段上だ。(拡大

グラフのデザインが自在に選べる。もはや、細かな調整など不要だ。(拡大

グラフエリアの中に表を入れることもできる。(拡大

next: 表も簡単に装飾できる…

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る