このページの本文へ
ここから本文です

シネマナウ(3)〜楽しくて厳しい会社にする。それが最初の仕事だった 間宮 義文社長

2006年7月21日

(聞き手:森川 直樹=フリーライター)

(前回記事はこちら

間宮社長の就任後、1カ月を待たずに大きなニュースが伝えられた。Microsoft Windows XP Media Center Edition2005が標準機能して実装しているオンラインサービス「メディアオンライン」からアクセスできる映画配信サービスを、シネマナウがスタートするというものだ。

巷(ちまた)に伝わるニュースは、音楽コンテンツにかかわるものが主流。しかし、映像コンテンツの流通におけるイノベーションは確実に進んでいる。間宮義文氏が社長就任を決意した理由も、こうした動向にあるのか?

■アスキー、マイクロソフト、トランスコスモス、スカイパーフェクト・コミュニケーションズなど、それぞれの業界のフロンティア企業にいた間宮さんが、シネマナウの社長就任を引き受けた理由は何なのでしょう?

間宮 そんなに難しい理由はないんです(笑)。「このビジネスは面白い!」と思ったからです。そして「成功させたい!」と思った。

シネマナウ 間宮 義文社長

シネマナウはディスクという「モノ」を売ったり、貸したりするのではなく、ネットワークを通じて映像コンテンツを流通させ、なおかつ、パソコンに保存可能なスタイルで提供する。その新しさに魅力を感じました。

さらに、「まさにこれから定着していくビジネス」だという点も大きかったですね。私のこれまでの経歴を見れば分かるかもしれませんが、私という人間は誰かがつくり上げたものを守る立場よりも、何もないところをゼロから耕していくのが好きなんです。しかも、今までの経験をシネマナウならば十分に生かせると直感した。だから喜んで社長就任を決めました

next: 初めてこの会社に来たまさにその日…

(全 3 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る