このページの本文へ
ここから本文です

「惑星大怪獣ネガドン」〜映画づくりの新ビジネスモデル(3)

2005年12月14日

(聞き手:山中 浩之、構成:深川 岳志)

ネットで話題の個人制作特撮CG映画「惑星大怪獣ネガドン」。どんなに作品への愛情が強くても、資金がなくては続かない。制作する側と見る側とが、ともに幸せになれるビジネスモデルとはどんなものか。

そして、粟津順監督が2年4カ月を費やして作り上げた作品を世に広めていくために、ネットの力をどう生かしたのか。

「ネガドン」の制作・配給を行ったコミックス・ウェーブ(以下CW)取締役cwfilms担当事業部長川口典孝氏と、宣伝プロデューサーの遠田尚美さんに聞いた。

■制作のスキームは大体分かりました。さて、その回収、お金もうけはどのようにするのでしょう。

川口 ポイントはDVDの販売なんですよ。作品を認めてくれた人はDVDを買ってくれるんです。次も頑張れよと、暖かい1票をくれる。

息の長い作品を作る

■しかし、CWのビジネスはその性格上、ある作品のリリースと次の作品のリリースが非常に空きますよね。DVDはどのくらいの期間、売れ続けるものですか。メディアミックスで大量の宣伝をした作品でも、1カ月もすれば、すーっと波が引いたりしますよね。

映画「惑星大怪獣ネガドン」より

川口 ものによるんですが、うちの作品は息が長いですね。そういう意味では販売店さんに重宝がられています。

例えば「ほしのこえ」は、今年に入って3000〜4000本増刷しているんですよ。作品が世に出てから4年目だというのに。

■自社販売だったら利益率も高めですしね。作品の質を高めれば、長い期間売れて、最終的に収益が上がるということですかね。では、作品を世に広める方法、何かとお金を喰う広告宣伝はどのように。

川口 遠田が、うちの宣伝を独りで引き受けています。でも、予算は一銭も持たせたことがないですね(笑)。遠田から話してもらいましょう。

next: 宣伝はお金の問題ではない…

(全 3 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る