このページの本文へ
ここから本文です

アニメーターに高給を支払った最初の経営者

2005年10月27日

(取材・文=梶山 寿子)

石川光久の人となりや経営哲学は、農業を営んできた両親や兄の影響を大きく受けているらしい。

例えば、「雑草のように生きたい」と石川は言う。

踏まれても踏まれても大地に根を張り、しぶとく生き抜く。そのひたむきな姿勢が好きだという。畑で額に汗して真摯(しんし)に働く父親や兄の姿が「雑草」に重なるからだ。

石川が続ける。

「世の中って、すぐに浮かれちゃうじゃない。でも、自分はひたむきに生きる人間が好き。ひたむきに一生懸命に働く人の姿は美しいって、子どものころから思っていたし…。アニメーションの現場で働いている人もみんなひたむきなんだよ。純粋で無垢(むく)でコツコツ仕事をしている。こういう人に囲まれて働く環境が最高にいいなあって思う。すごく楽しいし、救われる。石川の場合、アニメーションが好きというより、アニメーションを作っている人間が好きなんだよ」

どうやら、このあたりに石川光久という人物を知る鍵が隠されているらしい。

「アニメーションって生っぽい仕事なんだよね。手描きからCGになっても、やっぱり生っぽい…人間だらけっていうか。人が面白いから、アニメ業界が好きなんだろうね」

はやくて、うまいアニメーターには高給を支払う

アニメーションの制作現場といえば、長時間労働で賃金が安いというイメージがある。ある調査では、アニメーターの平均年収は247万円だとか。いちばん下っ端の見習いなら月収は5万円だというから、まさに好きでなければ勤まらない仕事である。

だからこそ、石川はアニメーターに尊敬の念を払う。質の高いアニメーターがいるからこそ、押井作品のような名作が生まれるのだと。

「アニメーターは役者と同じ。働きによって収入に差があるのは当然だから、I.Gで仕事をしてもらっているアニメーターには年収が1000万円を超える人もたくさんいる。速く、うまく描ける人には正当な評価をして、きちんと給料を払いたいんだよ」

next: 作品には…

(全 3 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る