このページの本文へ
ここから本文です

ビジネスブログを企画する(4)〜ファンを獲得する三つのポイント

2006年4月25日

(宮脇 淳=ノオト)

前回は、マーケティングに利用されているブログの3大用途について解説しました。3大用途とは、CMS(コンテンツ管理システム)、EC(電子商取引)、そしてPR(広報/マーケティング・プロモーション)です。

ビジネスブログのベースを企画する

今回はこれを踏まえて、地域フリーペーパーを発行するA社を例に、プランニングの土台をつくってみます。まず、企業の担当者とミーティングし、その企業理念や社内の人材の理解度、現状のホームページを分析します(「ビジネスブログを企画する 第2回」参照)。そして、前回の記事で挙げた「CMS」「EC」「PR」のいずれのパターンに当てはまるかを考えます。

A社基本情報
主要事業:地域フリーペーパーの発行による広告収入
事業目標:新規読者を獲得し広告収入を倍増させる
ターゲット層:地域限定。年齢層は幅広く
企業理念(キーワード):現場主義、取材力がある、レスポンスが速い
ビジネスブログの目的:Webにコンテンツを展開→Webのアクセス数を増やす→相乗効果によりフリーペーパーの発行部数増→紙媒体とWebの両方で広告収入増

ビジネスブログ案 TAKE1

  • 取材力を生かし、新しい情報を記者がどんどんブログで公開
  • 視覚情報を重視。写真を豊富に使う
  • トップページは、各コンテンツが一覧できるよう通常のHTMLで見やすいレイアウトに

A社は、「メディア」と「広告」をベースにした会社です。Webサイトをブログで構築することによって得られるメリットを挙げてみましょう。

  • Web制作会社を通すことなく、記者が簡単に記事をアップできる
    →コスト削減
  • 大量の記事を随時アップすることで、更新頻度の高いサイトができる
    →メディアとして機能向上
  • 記事のアーカイブが自動的にたまっていく(過去記事の見せ方は工夫が必要)
    →SEO対策の一助
  • 簡単にRSS情報を配信できる
    →固定読者の獲得

※RSS(RDF Site Summary)は、サイトの概要や記事などの情報を記述したフォーマットのこと。RSSリーダーなどの専用ソフトやツールを使えば、読者は、テキストや音声の更新情報を自動的にキャッチできる。

※SEO(Search Engine Optimization)とは、検索サイトにおいて、検索結果を表示するページの上位に自分のWebページが表示されるよう工夫すること。また、そのための技術を指す。

next: 一歩先を行くビジネスブログのキーワードは?…

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る