このページの本文へ
ここから本文です

ビジネスブログを企画する(1)〜事前調査が肝心

2006年2月6日

(宮脇 淳=ノオト)

ビジネスブログを始めるに当たって、「どういうブログサイトをつくるのか?」を考えるのは非常に重要なことです。これから数回にわたって、その大まかな流れと具体的なアクションを整理しつつ、プランニングのポイントを解説していきます。

ブログをビジネスで利用するときに最も重要なポイントは、目的に合わせてどんなビジネスブログを企画するのか?という「プランニング」にあります。「ブログをこう使うことで、ビジネスにおいてこうした目標を達成する」という明確な方向性を、スタート時点で定めることが後の成功につながります。

ここでは、外部のコンサルタントが、クライアント企業のビジネスブログをどのように企画していくのかを、順を追って考察していきます。企業の内部スタッフが手がける場合も基本的な考え方は同じなので、その部分は置き換えてお読みください。

ブログは企業の顔である

具体的なプランニングの話に入る前に、ブログを企画する担当者にぜひとも留意ただきたいことがあります。それは、「ブログは企業の顔である」ということです。

「何をやっている会社なの?」
 「商品の、もっと詳しい性能を知りたい」
 「サービスの内容を比較・検討したい」

一般ユーザーが、これらのことを思ったら、まず企業のオフィシャルサイトにアクセスするでしょう。もちろん、広告などによって、これらのニーズにある程度応えることはできます。しかし、いまやだれもがインターネットに簡単に接続できる時代。企業のオフィシャルサイトには、これまで以上に、企業の「顔」として重要な役割が課せられます。

「知りたい情報がない」あるいは「どこに書かれているのかよく分からない」というWebサイトですと、アクセスしてきたユーザーはがっかりするでしょう。ましてや、日々の更新でログがどんどんたまっていくブログの場合、記事の中身(コンテンツ)はさらに重要です。コンテンツのログの蓄積が、企業の顔を形づくっていくわけですから。

いかにユーザーに興味を持ってもらうか、いかにユーザーが必要としている情報を伝えるか。具体的なプランニングに入る前に、「ビジネスブログは企業の顔なのだ」ということをいま一度しっかり肝に銘じておきましょう。

next: プランニングの大まかな流れ…

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る