このページの本文へ
ここから本文です

ブログとPodcastingを使ったメディアミックスに期待

2005年10月4日

前回まで、ブログを利用したマーケティングの現場を見てきました。この間、世間を騒がせた話題の一つに「Podcasting(ポッドキャスティング)」があります。Podcastingは、「音声版ブログ」と説明されることもあります。今回は、Podcastingとブログとの関係について、ブログ業界にいる私の視点から考えたいと思います。ポイントは、次の2点に集約されます。

  1. iPodのユーザー層と、ブログのユーザー層の重なり
  2. マルチメディア用メタデータの未整備。ブログがメタデータとしての役割を果たす

1番目は市場の状況です。アップルコンピュータのiPodを購入する層は、流行に敏感なネット世代の若者が主流であり、これがブログを使いこなしている層と重なっていると思われます。この状況についてはあまり疑問を差し挟む余地はないでしょう。

2番目の「メタデータ」については、多少の解説が必要でしょう。メタデータとは、簡単に言うと「目次データ」のようなもののことです。音声データそのものには、たくさんの情報が詰まっています。しかし、MP3形式の音声ファイルに対する目次データに相当するものは、タイトル名(番組名)やファイル名、収録や作成の日時など、非常に限られたものしかありません。

そこで、配信する音声データについての解説をブログの記事として掲載すれば、この記事が、音声データの簡易なメタデータとして働くようになります。インターネットの検索エンジンはすべてのテキスト情報を対象にしますから、音声データとこれに関連するテキスト情報をブログを使って効果的に関連づけることができれば、音声データの参照数を効果的に増やすことができるわけです。

これは音声に限らず、動画などを含めたマルチメディア・データ全般に言えることです。インターネット上で動画ニュースを配信しているある企業のトップは、「テキスト情報を簡単に入力でき、音声や動画データも扱えるブログは、マルチメディア・データをインターネットで配信する企業にとってなくてはならないもの」と指摘していました。

Podcastingは、現在はまだ、個人のホビーの領域を出ていません。しかし、音声や音楽が持つマーケティング効果に期待するビジネス・ブログが、Podcastingを生かしたメディアミックスを実践していくのは、それほど遠くないことでしょう。

関 信浩(せき のぶひろ)

シックス・アパート株式会社 代表取締役(米Six Apart Ltd. Executive Vice President & General Manager of Japan)。

1969年10月 東京生まれ。1994年 東京大学工学部卒。1994年から2003年まで、日経BP社で編集や事業開発に従事。2002年 カーネギーメロン大学ビジネススクールで経営学修士(MBA)を取得。カーネギーメロン大学在学中に、ビジネスプランコンテストで特別賞などを受賞。2003年12月 シックス・アパート株式会社を設立し代表取締役に就任。

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る