このページの本文へ
ここから本文です

家庭用ゲーム人口、13%増の3739万人に〜新分野のソフトがユーザー層を拡大

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が2008年4月に発行した「2008CESA一般生活者調査報告書」によると、2007年の日本の家庭用ゲームのプレイ人口(ゲーム人口)は、対前年比13.0%増の3739万人に達した()。これは、2008年1月から2月にかけて行われたアンケート調査で「現在も継続的に(ゲームを)している」人の数で、およそ3人に1人がゲームをしていることになる。勉強や健康管理など新しい分野のソフトウエアが発売され、ユーザー層が広がったことが背景にある。

「利用してみたいあるいは現在利用しているゲーム・ソフト」を尋ねたところ、「知識トレーニングなど勉強になるもの」が2006年から8ポイント下落したものの40.6%で最も多かった。続いて「フィットネスで体を鍛えたり、健康管理ができるもの」が33.4%で2番目に多かった。

家庭に最も普及しているゲーム機は、世帯普及率49.9%の任天堂の「ニンテンドーDS」だった。2006年までトップだったソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)の「プレイステーション2(PS2)」を抜いた。ニンテンドーDSは半分近い家庭が保有していることになる。

2006年秋に発売された新世代ゲーム機争いは、任天堂の「Wii」が普及率14.2%であるのに対して、SCEIの「プレイステーション3(PS3)」は4.8%と10ポイント近い差となり、ここでも任天堂の勢いが際立った。

日経マーケット・アクセス

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る