このページの本文へ
ここから本文です

パリのレンタル自転車事業が大はやり

2007年10月17日

(市絛 三紗=ユナイテッドフューチャープレス)

フランスの首都、パリで7月15日にスタートした大規模レンタル自転車事業「ベリブ(Velib')」が予想を上回る成功を収めている。「半年間に20万台が利用される」との見込みであったが、開始から2カ月弱で貸し出し総数が400万台を突破。あまりの人気の高さに国内、海外の注目を集め、視察が相次いでいる。

ドラノエ市長が自動車削減計画を推進

ベルトラン・ドラノエ氏は6年前にパリ市長に就任して以来、環境保護と交通渋滞緩和に積極的に取り組んでいる。特に自動車の利用削減には力を入れ、公共交通機関の整備を進めてきた。約70年ぶりとなる路面電車復活(2006年12月)、バスレーンの設置、セーヌ川の定期船運行、タクシーの台数増加、カーシェアリング…

道路に関してもさまざまな手を打っている。まず通行規制を強化。一方通行区間の増加、セーヌ河岸にある自動車専用道路の日曜日閉鎖、路上駐車スペースの削減など。同時に自転車道路網を拡大している。1995年にはわずか8kmだった自転車道路網は現在371kmになった。3年後には500kmに延長する計画だ。

こうした取り組みの結果、パリが排出する温室効果ガスは2002〜2007年の5年間で32%減少した。

(全 5 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る