このページの本文へ
ここから本文です

イチロー313.96ドル、スポーツ選手“株”を市場で取り引き

2007年9月19日

(森 マサフミ=ユナイテッドフィーチャープレス)

イチロー313.96ドル、松井秀喜209.02ドル、松坂大輔181.66ドル・・・

スポーツ株式市場「プロトレード」における9月4日付の各選手の“株価”だ。プロトレードは、スポーツ選手やチームを株式に見立ててヴァーチャル・マネーで取引するエンターテインメント。そのビジネスが着実に拡大している。

プロトレード・ホームページ

松井株や松坂株を売買して、プラズマ・テレビと交換

プロトレードのサービス開始は2005年9月。運営するのは、カリフォルニア州サン・マエトに2004年に設立されたプロトレード社だ。当初はNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のみでスタート。2006年から、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)とMLB(メジャーリーグ・ベースボール)にも展開。アメリカ3大メジャー・スポーツを網羅した。

登録すれば、誰でも無料で参加できる。登録すると、初めに5000PT(プロトレード)ドルのヴァーチャル・マネーが軍資金として支給される。好きなスポーツの“株を”買って自分のポートフォリオを作成。以降は、持ち株の売り買いによって利ざやを稼ぎ、資金の拡大を目指す。もちろん、取り引きはオンラインで24時間好きなときにできる。実際の株式市場さながらである。

筆者のポートフォリオ。画面右はに広告スペースになっている

ポートフォリオの拡大以上に明確なゴールが欲しいユーザーは、「Challenge(チャレンジ)」と呼ぶコンペに参加するとよい。1週間(など一定の期間)で誰がいちばん利益を上げたか競い合うことができる。優勝者には25万PTドルもしくは商品券が贈られる。ほとんどのコンペは参加費無料。特定商品のスポンサーが協賛するケースが多い。

(全 4 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る