このページの本文へ
ここから本文です

“守りの経営”にシフトするNTTドコモ

2008年5月29日

(桐原 涼=経営評論家)

ドコモ1人負け!

携帯電話業界で、NTTドコモの苦戦が続いている。2008年3月期決算では、KDDIとソフトバンクが増収基調を維持したのに対して、ドコモのみが減収となった。携帯電話の契約台数でも、純増数において、ドコモはソフトバンクやKDDIの後塵を拝している。

営業戦略の展開を見ても、ソフトバンクやKDDIが積極的なマーケティングで顧客を採りに動いているのに対し、ドコモは受身に回っているように見受けられる。かつて携帯電話市場で、「唯一の勝ち組」と呼ばれた企業の姿はもはやない。

ドコモの営業収益は2004年3月期の5兆円をピークに、その後は漸減傾向となっている。ドコモは1992年の設立以来、企業としての成長期を猛烈なスピードで駆け抜けてきた。そして現在、ドコモの経営ステージは既に成熟期に入っていると言うことができよう。

(全 6 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る