このページの本文へ
ここから本文です

胡錦濤訪日のグローバルな意味を問う〜様変わりした中国首脳の訪日

2008年5月13日

(宮家 邦彦=AOI外交政策研究所代表)

5月10日、中国の胡錦濤国家主席が5日間の公式訪問を終え帰国した。中国メディアが訪日の成果を盛んに強調する一方で、同主席を見つめる日本国民の眼は予想以上にさめていた。日本の主要メディアでは、「具体的成果に乏しい、中国に対し言うべきことを言わなかった」など、日中関係について従来にない辛口のコメントが目立つ。

しかし、中国首脳の訪日を2国間関係の視点からのみ捉えるのは、十分な考察とは言えない。中国を取り巻く国際政治・経済環境は近年激変しつつある。今回は中国に関心を持つビジネスパーソンのために、胡錦濤訪日のグローバルな意味合いと日中関係の行方について分析してみたい。(文中敬称略)

胡錦濤訪日:4つの視点

今次胡錦濤訪日を検証する際に必要な視点は以下の4つである。

1)日中関係の9割は内政問題であること

2)中国外交の最優先事項は対米関係であること

最初の2点は昨年の拙稿(「ポスト安倍政権と日中関係」)に詳しく書いたので、ここでは繰り返さない。要するに、日中要人の相互訪問は両国の内政上の権力闘争の一部であり、日中関係は米中関係の「従属変数」の一つにすぎない、ということだ。

3)中国共産党は体制維持のためなら手段を選ばないこと

1989年の天安門事件以降も、共産党独裁による「統治の正統性」の維持という中国歴代政権の最優先課題は変わらない。一見ソフトなイメージが強い胡錦濤政権ですら、必要があれば「体制の生き残り」を賭けて、ためらうことなく武力を含む「断固たる措置」をとると考えるべきである。

(全 6 ページ中 1 ページ目を表示)

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る