このページの本文へ
ここから本文です

田中秀征:私が見た宮沢喜一さんと保守本流政治(3)〜保守本流は「社会的公正」と「国際協力」でよみがえる

2007年7月20日

(前回記事はこちら

宮沢さんは“保守本流”の申し子と言われてきた。

保守本流とは通常、昭和20年代の吉田(茂)自由党の流れを汲む人たちのことを言っている。

すなわち、現行憲法の制定やサンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約などの戦後日本の基本的枠組づくりに一義的な責任を有する流れに属する人たちだ。その“本流の中の主流”となってきたのが、吉田茂、池田勇人、宮沢喜一と続く『宏池会』である。

旧自由党系の流れを汲む“保守本流”

1955年の11月、自由党と民主党が保守合同して現在の自由民主党が結成される。それから旧民主党系の人たちは“保守傍流”のような扱いを受けることになる。

鳩山一郎、岸信介氏に代表される旧民主党は、公職追放が解除された人たちや、昭和20年代に自由党以外の保守政党(改進党など)に所属した人たちが結集して設立。折からの反吉田の風潮に乗って自民党結成の主導権を握った。その背景には、冷戦の激化という国際環境と社会主義化を目指す革新政党の躍進という切羽詰まった国内の政治情勢があった。

旧自由党系の保守本流を二分する大派閥が池田派と佐藤派。ところが、佐藤栄作氏と岸信介氏が実の兄弟ということで両氏は政治的に連携することが多く、佐藤氏は岸氏の民主党系の人たちとは近い立場にあった。

佐藤派は、佐藤退陣後「角福戦争」(1972年)で田中角栄派と福田赳夫派に分裂。田中角栄派は宏池会(当時は大平正芳派)と結んで保守本流の色合いを強めた。

保守本流の政策は“軽武装・経済優先”

保守本流の政策的特徴は“軽武装・経済優先”と言われる。それはそのまま戦後日本の主軸となってきた。その最も鮮烈な旗頭が池田元首相であり、宮沢さんであった。

保守合同後、旧自由党系は政治より経済に政策的関心を集中、池田内閣の所得倍増計画に代表される高度経済成長政策の推進力となった。一方、岸信介、福田赳夫氏など旧民主党系は、どちらかと言うと経済より政治に政治的関心を向けてきたと言える。外交では“タカ派”路線を取り、憲法改正などを重視した。

この旧自由党系と旧民主党系は互いに緊張関係に立ちながらも、“振り子”のようにに党内で政権を交代し、自民党の長期政権を可能にしてきたのである。

(全 3 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る