このページの本文へ
ここから本文です

流通系の独自電子マネー、「nanaco」と「WAON」登場

2007年5月10日

(高野 雅晴=ビットメディア代表取締役社長)

ついに流通大手セブン&アイ・ホールディングスならびにイオンの独自電子マネー・サービスがスタートした。

セブン&アイはコンビニエンス・ストア「セブン-イレブン」の東京都内約1500店舗で2007年4月23日に「nanaco(ナナコ)」のサービスを開始、2007年5月末までに約1万2000店のセブン-イレブン全店で利用できるようにする。

これに対してイオンは4月27日に「WAON(ワオン)」のサービスを開始した。WAONは関東1都6県および新潟県の一部のジャスコ、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、カルフールなど、96店舗からサービスを導入、2009年2月中には全国のイオン・グループ約2万3000店舗に拡大する計画である。

本連載(3回)では、ソニーの非接触ICチップ「FeliCa」を搭載した電子マネー最後の“大型新人”ともいうべきnanacoとWAON投入の背景とねらい、普及の可能性について分析してみたい。

コンビニ・マネーとスーパー・マネー

セブン&アイのnanacoとイオンのWAONのサービス概要を比較すると表のようになる。

拡大

二つのサービスには共通点も多いが、大きく異なるのは最初に導入される店舗の業態である。nanacoはセブン-イレブンでの展開を先行させており、系列スーパーの「イトーヨーカドー」の導入時期はまだ明らかにしていない。逆にイオンはスーパーでの展開が先行し、系列のコンビニエンス・ストア「ミニストップ」の導入時期については未発表である(ローソンとの提携は別途検討されている)。当面、nanacoは「コンビニ向け」電子マネー、WAONは「スーパー向け」電子マネーとしての性格が強いものとなる。

(全 3 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る