このページの本文へ
ここから本文です

道路特定財源の一般財源化騒動に「角福戦争」の影

2006年12月12日

(浅川 博忠=政治評論家)

12月6日午後。道路特定財源プロジェクトチーム(道路PT)の会合が自民党本部で開かれた。政府案の骨子を説明する塩崎恭久・官房長官に対して、出席者60人の過半を占める道路族議員から怒号が浴びせられた。

「一般財源化されれば中央と地方の格差がますます拡大し、地方は完全に埋没する」と訴える地方選出議員も多かった。この問題には大都市VS地方という対決の面もある。

この他にも、小泉改革継承組VS自民党の先祖返り歓迎派。財務省と国土交通省の主導権争い。加えて1970年から15年余にわたって激しく展開された「角福戦争」の残像も垣間見られたのだった。

道路特定財源をつくり出したのは田中角栄氏

戦後の復興に向けて、高度経済成長期に突入しようとしていた1954年。成長路線を加速化させるために、意気軒昂だった若き日の田中角栄・衆議院議員は、卓越した才能をもって道路特定財源を議員立法で成立させた。

後日の彼に尋ねると、「海外視察の際に受益者負担の実態を見た。それを参考にこの方式を編み出した。道路特定財源によって道路は整備され、輸送力が増大し経済成長に多大な貢献をした。加えてマイ・カー時代を到来させた」と、語ってみせている。

特定財源の法案化に見られるように、田中氏は高度経済成長期に最も適合する政治家として急成長した。建設省と運輸省(両省が合併して現在の国土交通省)を支配しながら、総裁候補に数え挙げられる実力者としての地位を築いた。当然、彼は財政拡大論者でもあった。大蔵大臣(現財務大臣)として、大蔵省への影響力も拡大させた。

田中・大平連合が福田氏から政権を奪う

これを嫌ったのが大蔵官僚OBの福田赳夫氏であった。彼は緊縮財政論者である。「モノ・カネの横行は好ましくない」として、田中氏の手法や政策に厳しい対決姿勢を示した。そして7年8カ月続いた佐藤栄作・長期政権の間に、ポスト佐藤の座を田中氏と熾烈(しれつ)に争うライバルと化した。両者の争いがいわゆる「角福戦争」だ。

1972年7月に、特定財源の発想を拡大させた「日本列島改造論」を主唱する田中氏が福田氏を破って首相に就任した。しかし、その直後に起きた第1次オイル・ショックで高度成長時代は完全に終止符を打ち、低成長経済時代へと転換した。拡大財政は大幅な赤字財政と化していき、田中氏は2年余の短期で退陣を余儀なくされた。彼が、支配してきた運輸省マターのロッキード事件で失脚していったのは、「得意な所に落とし穴が待ち受けている」の古語通りの結果であった。

(全 2 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る