このページの本文へ
ここから本文です

一建築士の“単独犯行”で終わるのか 姉歯被告の公判始まる

2006年9月13日

(千葉 利宏=フリー経済ジャーナリスト)

2005年11月に耐震強度偽装事件が発覚してから10カ月…。構造計算書を偽装した元建築士・姉歯秀次被告の裁判が、9月6日、ようやく東京地裁で始まった。99ものマンションやホテルのデータを偽装し、耐震強度不足を発生させた前代未聞の事件は、一人の建築士が引き起こした事件として収束に向かいつつある。それで、よいのだろうか。

事件は“集団的犯行”か、“単独犯行”か

姉歯秀次被告。9月6日に初公判(写真提供=共同通信社)

「収入を増やすため、うそを重ねて強度の偽装を拡大させ、責任は他人に転嫁した」(朝日新聞9月7日付け)…検察側は冒頭陳述で、姉歯被告と事件とのかかわりをこう描き出した。姉歯被告は、冒頭で「マンションの住民に多大なご迷惑をおかけしました」と謝罪するとともに、起訴事実を大筋で認めた。

事件が発覚した当初、「構造計算書の偽装はヒューザーなどの建築主、木村建設などの施工業者も参加して、組織的に行なわれたのではないか」との疑いが持たれた。国会の証人喚問に呼ばれた姉歯被告は、「木村建設元東京支店長・篠塚明被告からコストダウンの圧力があった」と証言。この証言は、“組織的”との構図を裏付けるものと受け取られた。

しかし、捜査が進むにつれて、姉歯被告の国会での証言に偽証の疑いが浮上してきた。するとメディアは、姉歯被告を事件の“首謀者”と扱うようになった。9月7日に初公判があった木村建設社長の木村盛好被告も「構造計算書が虚偽であることは知りませんでした」と詐欺容疑を全面的に否認。事件は、姉歯被告の“単独犯行”との見方が強まっている。

明確な言葉による指示はありえない、結果として下請けの“単独犯行”となる

「責任ある立場の人間は具体的な指示など出さないのが建設業界の常識。結局、責任を取らされるのは下請け業者だけということでしょう」…都内のある設備設計事務所の代表は、事件をこう振り返る。発注者は、「法律違反してでも、コスト削減しろ!」といった指示を間違っても出すはずがない。厳しい価格競争の中で、「双方で合意した金額で請負契約をした」と言うだけである。

next: 臭いものにふたをするだけで議論は終結するのか…

(全 4 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る