このページの本文へ
ここから本文です

インテルとアップルの結婚はMacユーザーに朗報

2006年1月27日

(クリフ・ミラー=マウンテンビューデータ社長)

米サンフランシスコで開催されたMacworldで1月10日、米アップルのCEOを務めるスティーブ・ジョブズ氏が、米インテルのCPU「CoreDuo」を搭載したMacintosh最新モデルのデモを行った(関連情報)。予定より6カ月早く出荷できたこともあり、その口調は自慢気だった。「20年も遅れているよ。もっと早くインテル製CPUに移行するべきだった」と文句を言っている人もいる。だが、CoreDuo搭載Macは、Macユーザーにいろいろなメリットをもたらすと私は思う。

もう「品切れ」の口実はない

第1に、品切れが減る。

これまで、アップルが新しいモデルを出荷しても、品切れでユーザーの手に入らないことが多かった。販売店の店員に、「ごめんね。今回もアップルが、需要の予測を誤ったね。IBM製のCPU 『PowerPC』を使っているから、けっこう生産に時間がかかるよ」と言われたことが、何回もある。

あるマーケティングの専門家は、「これは、ユーザーの購買意欲をアップルが意図的に高めているのだ」として褒めていた。だとしても、私はこのやり方にあまり感心できない。ユーザーの欲求不満を高めるばかりな気がする。

いずれにせよCoreDuo搭載Macは、生産量の多いインテルのCPUを使うので、CPU不足を理由に品切れの言い訳をすることはできなくなる。

主要ソフトはCoreDuo搭載Macに移植される

MacintoshのユーザーがWindowsパソコンのユーザーよりも大分少ない理由は、何と言っても、アプリケーションの数が圧倒的に少ないからである。Macintoshのプロセサがインテル製に変わって、状況はどう変わるだろう? オぺレーティングシステム(OS)が違うため、アプリケーションの移植は依然として容易ではない。急に増えることはないだろう。しかし、バーチャルマシン(仮想マシン)のソフトを使うことによって、この問題は少し解消できるように思う。これが二つ目のメリットだ。

PowerPCを搭載する従来Mac向けのアプリケーションは、「Rosetta」という変換プログラムを使えば、CoreDuo搭載Mac上で実行することができる。ただしこの方法だと、従来型Mac用アプリを PowerPC G5搭載のiMac上で実行した場合に比べて、半分くらいのスピードしか出ないらしい(関連情報)。

PowerPC搭載Mac用アプリを、CoreDuo搭載Mac上でロゼッタなしで(CoreDuo搭載Macネイティブに)動かすためには、これらをCoreDuo搭載Macに移植する必要がある。グラフィックやオーディオのソフトを開発する数社のソフトメーカーが、CoreDuo搭載Macへの移植予定を既に発表している。

next:「Firefox」のCoreDuo搭載Mac版は3月に出荷…

(全 3 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る