このページの本文へ
ここから本文です

マイクロソフトはなぜ「Xbox 360」を家庭に“ダンピング”するのか?

2005年12月19日

(クリフ・ミラー=マウンテンビューデータ社長)

米国には、「loss leader」という販売促進のワザがある。自動車販売店がよく利用する手だ。まず、1〜2台の車に本来の価格より安い値段を付けて広告を出す。これが「呼び水」の役割を果たす。客が店に入ると、営業担当者は、オプションのたくさん付いた、もっと値段とマージンの高い車種を客に勧める。マイクロソフトはXbox 360を販売するにあたって、これを似た手法を採用。1台当たり、100ドル以上の赤字を出して販売していると言われている(関連情報)

12月10日、マイクロソフトが日本でXbox 360を発売した。日本でのリリースは「まあまあ、そんなもんかな」といった感じだった。しかし米国では、11月22日の発売以降、飛ぶように売れている。2週間で50万台以上が売れたようだ(関連情報)

製造に問題がなかったら、この倍は売れていただろう。店頭で完売したためか、オークションサイトの「EBay」では、発売後1週間の間に、1台平均700ドル以上で3万台を上回る数が売れたという(関連情報)

マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー氏は、「製品不足があったため、バルマー家でも、子供のクリスマスプレゼントにXbox 360が間に合わない」とワザとらしく嘆いた。世界で11番目に金持ちであるバルマー氏も、われわれと同じ立場だというわけだ(関連情報)

通信大手のシスコやアップルも「家庭」に参入

米シスコシステムズが11月、セットトップボックス・メーカーの米サイエンテフィック-アトランタを買収すると発表した(関連情報)

Xboxとあまり関係なさそうなニュースに見えるかもしれない。だが、これで、ネットワーク大手のシスコが、映画配信などのコンシューマー市場に思いっきり参入することになる。マイクロソフトと同じ市場を目指すわけだ。

ほぼ同じタイミングで、ディジタルビデオレコーダー(DVR)メーカーの米ティーボが米ヤフーとの協業を発表した(関連情報)。ティーボの400万人のサブスクリプション・ユーザーに対して、両社が天気情報、道路情報、写真などのコンテンツを配信する。

さらに、ティーボのユーザーが、録画したビデオデータをiPodやPlayStationにコピーできるようにするサービスも提供する(関連情報)

米インテルの「ViiV」技術にも対応するので、パソコンのハードディスクにもコピーが可能だ(関連情報)

ティーボは、グーグルと同様の検索連動型広告も始めるという。(関連情報)。そもそも、テレビの“面倒臭い”広告を避ける技術が売りの会社が広告を検討するというのは、よほどの決意だ。

最近、米アップルコンピュータが、米NBCや米ABCと提携して、iPodユーザーにテレビ番組を提供するサービス開始を発表した。iTunesサイトから、1番組、$1.99でダウンロードできる(関連情報)

そのアップルの戦略は、小型パソコン「MacMini」を再び家庭のマルチメディア・センターにしようと目論むものと言われている(関連情報)

next: Xboxが目指すのは…

(全 2 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る