このページの本文へ
ここから本文です

トヨタとスバルの“ハイブリッド効果”に期待

2005年10月11日

今回のトヨタと富士重工業(スバル)の提携は、ユーザーサイドから見ればハッキリ言って大歓迎だ。

そもそもゼネラル・モーターズ(GM)などという、大きいだけでトラック作りがうまいぐらいのメーカーと結びついたところで、こと“クルマ作り”という点ではたいした期待はできない。せいぜい販売面で、巨大なGMの全米ネットワークが使えるんじゃないかという淡い望みぐらいで、日本においてはほとんど関係なく、実際出てくる商品にも大きな改革は望めなかった。

それに比べてトヨタは違う。なにしろ、資本関係を持たない時点で、すでにトヨタテクノロジーの“宝”とも言うべきハイブリッド技術で提携を結んでいたのだ。その関係は、今回の資本提携でますます加速し、あと何年もしないうちに、スバル独自の水平対向エンジンにハイブリッドを組み合わせたモデルが出てくるだろう。これは非常に楽しみである。

スバルの水平対向エンジンの改善にも効果

なんというか、まだ一般の方は気づいてないが、ハイブリッド技術の本当のスゴさとは、そのマッチングの幅の広さと懐の広さにある。言ってみれば“優れた家庭教師”、いい時代のプロ野球の“野村再生工場”のようなものなのだ。直列エンジン、V型エンジン、水平対向エンジン、いろんなタイプと組み合わすことができ、さらに元々の特性、テイストを生かした上で、欠点を補ってくれる。

具体的に水平対向エンジンの利点は重心の低さと回転フィーリングの素晴らしさにあり、欠点は燃費の悪さにある。ハイブリッド・システムは小さくはないが、置き場所にさほどこだわらないので重心変化はあまりないだろうし、水平対向エンジンの基本的なフィーリングも妨げないだろう。それでいて今までムダに捨てていたブレーキ損失や熱損失を減らすのだから、素晴らしいパワーユニットになる。

乗った感じで言えば、実はハイブリッドは“新時代のターボ”のようなものである。走り始めはほとんどモーターで静かかつスムーズに加速し、その後エンジンが始動して合わさり、まさに“ターボ”のような加速をみせる。ここで元々エンジンが持っていた本来の特性を十分味わえるはずだ。

そう、ハイブリッドとは、決してケチ臭くてしょぼい技術ではない。

当初は省燃費の面を強調した『プリウス』が出たので、そのように誤解している方も多いと思うが、実は静かかつ上品にパワフル。つまり“豪華”かつ“インテリジェンス”な、3拍子揃った技術なのである。それは今後、トヨタの新プレミアムブランド、『レクサス』のライン上で、ハイブリッド技術を搭載した高級車が登場してくることで明らかになっていくだろう。

next: ダイハツ完全子会社化の際も…

(全 2 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る