このページの本文へ
ここから本文です

日本の宇宙開発はインドにも対抗し得ない〜JAXA・平岩主任研究員に聞く(1) 日本を遙かに凌駕する予算の伸び、計画的な人材投入

2007年5月22日

 日本の宇宙開発は伸張著しいインドに一部分野ではすでに追い越されており、近い将来全面的に抜かれることになる──宇宙航空研究開発機構(JAXA)総合技術研究本部複合推進研究グループ の平岩徹夫主任研究員は、4月4〜5日に開催された日本航空宇宙学会総会で発表した「インドの宇宙開発動向と輸送系リソースの動向」という論文でショッキングな結論を出した。

 2004年の「神舟」宇宙船による有人打ち上げの成功以降、日本の宇宙開発が中国に抜かれたという認識は、一般的になってきた。が、それどころではなく、もはやインドにも対抗し得ないというのだ。

 インドの宇宙開発の現状はどのようなものなのか、1966年のペンシルロケット以降半世紀以降にわたって積み上げてきた日本の宇宙開発は、なぜその蓄積を生かせずに沈むに任せているのか、平岩氏に聞いた。

すでにインドは衛星・ロケットビジネスへの進出を完了

■まず、このような論文を執筆した動機をお聞きしたいと思います。

平岩徹夫・JAXA主任研究員

平岩 私は本来スクラム・ジェットエンジンの研究者です。2004年から2006年にかけて、JAXAの筑波宇宙センターで次世代ロケットの検討をお手伝いしました。次のロケットを考えるためには、世界の動向を把握する必要があり、特に最近勢いを増しているインドの現状分析を行ったわけです。

インテリジェンスの分野では、公開資料の分析で8割以上の事実が分かるといいます。私はインドの宇宙開発に関する公開資料を集め、特に予算や人員といった数字の部分に関して集中的な分析を試みました。

(全 5 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る