このページの本文へ
ここから本文です

番号ポータビリティ、乗り換え派は15%、6割が変更先に「au」

2006年9月8日

日経BPコンサルティング 相山幹子

即問速答!第33回目は「番号ポータビリティ、乗り換える?」がテーマです。
 電話会社を変更しても、電話番号は変更しないまま継続して利用できる携帯電話の番号ポータビリティ制度が、2006年10月24日から実施されることになりました。新たな電話番号を周知する必要がなく、電話会社を変更しやすくなる一方で、メールアドレスは継続利用できず、携帯端末を変えなくてはならないなど、注意も必要です。
 今回は、携帯電話の番号ポータビリティ制度運用開始で、電話会社を乗り換えたいかどうか、またその理由について聞きました。

現在、携帯電話の契約数9325万件(2006年7月末時点、電気通信事業者協会調べ)の電話会社別内訳は、「NTTドコモ」(56%)、「au(ツーカー含む)」(28%)、「ボーダフォン」(16%)。今回の回答者に、主に使っている携帯電話の電話会社を聞いたところ、「NTTドコモ」(52%)、「au(ツーカー含む)」(27%)、「ボーダフォン」(18%)の順で、実際の契約内訳とほぼ同じ割合でした。

next: 乗り換えたい人は15%、ボーダフォン利用者は変更意向強め

(全 4 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る